TOP中国

このカテゴリーの記事



現地のトイレ事情
久々に中国のお話。今まで何度か書いてるトイレの事。何気なく見つけたページがかなり詳しく、長々と文章で伝えるよりも見るのが早いよね、という事でw

上海の下町・トイレ、鶏(4travel.jp)

汚物や最後の方に残酷な画もあるので食事時は閲覧注意。中国では道端で鶏の首を刎ねる場面はたまにあるんだよね。

以下、個人の経験。結局長いので続きにw
 

続きを読む▼

カテゴリ:中国

また行きたくなった
世界でも類を見ないほどの爆速で発展した電脳都市「深セン」の過去・現在・未来に迫るムービー(Gigazine)

私が初めて行ったのは某OVAの動画検査で派遣された1992年。その頃は建設ラッシュがあったとはいえ、どちらかと言えば貧しい感じのする街で、至る所に花売りの子供たちがいたり、靴磨きの少年、体重計でお金を貰う子供、ホームレスもいた。バーベキューをする機会があった時には、現地スタッフがホームレスを追い払っても隙を見て飲み物や食べ物を盗んでいた。スタジオのあった工場地帯、周辺の道路には犬や猫といった動物はおらず、道端には食べた後の鳥の骨が散らばっていた。当時はお盆に乗せた給食のような食べ物を歩きながら食べている人を多く見かけていた。彼、彼女らが捨てた物がそのまま残って風化していたのだろう。

このとおり現在ほど清掃業者がいなかったのでゴミだらけだった。周囲には田んぼや畑といった物は少ししかなかったが、一歩郊外へ出れば木々のない砂漠のような荒れた赤土の土地が広がっていた。現在は他の地域でも強制排除されている”床屋”(風俗店)も多くて、当時はその盛んな呼び込みにまだその意味を知らない私には不思議だった。小さな工場が多く、最近の風景のような高層ビル群はなく、高い建物といえばホテル位だった。

当時の楽しみは会社が休みとなる日曜日に、まだ返還されていなかった香港へ行く事。国境を超えるので入/出境審査がある。私が初めて本物の銃器を見たのは、国境で警備するライフルを持った警察(?)だった。密入国は多かったようだが。シンセンでは見かけなかったペットの犬や猫を見かけてほっとしていた。駆け出しの原画マンだった私には所持金があまりにも少ないのでショッピング、というわけにはいかないのだが、怪しい家庭用ゲーム機のカセット(○IN1)や漫画、アニメ雑誌を買ったり、目的もなく彷徨うのが好きだった。そういった怪しい物はしばらくの間、秋葉原でも購入出来たのだが、あまりにも高価だった事もあり、良い事ではないが現地で安く購入出来たのが嬉しかった。

その後、2000年頃に別の用事でシンセンに行った時には既に一変し、大都市のようになっていた。かつて泊まっていた大きなホテルも今となっては小さな物に見える位に、周囲の高層建築物が圧倒していた。それから更に16年が経ち、記事のムービーのような風景になっている。以前は電脳街として有名だった香港よりもシンセンの方が面白そうな感じがする。機会があればまた行ってみたい所だ。

カテゴリ:中国

どうでも良い事だが
ピカチュウ「改名」に香港のファン猛反発 標準中国語風は侮辱(AFPBB News)

皮 卡 丘
pi ka qiu

・・・気になったので中国語に切り替えて入力、変換してみた。ピンインは普通話(標準語)だとそのまんまピカチュウなのだが、記事中の”Pei Ka Yau”が間違ってるような。もしかしたら広東語の方の読みを表記したのかもしれない。広東語は挨拶やお礼、数字はいまだに話せるけど、長く行っていないんであんまり勉強していない。

確かに香港やシンセンへ行った時には放映はされていたものの、現地ではまだ話題になっていなかったのか、ピカチュウの事は聞いてなかった。2004年からの杭州へ行ってた時にはそれなりに認知されていて声マネをする現地の人もたくさん見たっけw

まあ、ガンダムにしろドラえもんにしろ、向こうでのタイトルって発音からの当て字になったり、意味を持つ漢字になったりコロコロ変わるから気にしてなかったw

例:ドラえもん
机器猫、哆啦A梦
左が昔から見ていたタイトル、「机」は「つくえ」ではなく「機械」の「機」の簡体字(簡略化した漢字)。どうしてこうなった(´・ω・‘)
右、最近はこれに統一されてる。
それぞれ全く発音が違い、右は日本語の発音に近い当て字になってる。
最後の読めなそうな漢字は「夢」の簡体字。これもまたどうしてこうなったという漢字になってる。



カテゴリ:中国

これね
【GIF画像】これは轢いた車が悪いわ・・・・・(【2ch】ニュー速クオリティ)

注意、リンク先エロ広告多し。

リンク先で書かれているように、場所は中国。水撒きの車、音楽を鳴らしながら路肩の汚れを高圧の水で吹き飛ばしているんだが、砂というより泥水が飛散するので自分も遠くに避けてた。道路と歩道には結構な高さの段差があって、跳ね返った泥水は高く吹き上がる。道路を渡る人も大半は横断歩道へは行かず、車が多くてもそのまま突っ切るのが中国式。

私の右太もも、膝に近い部分には古傷(外見上は傷はない)があって、季節の変わり目に痛む。長年患部をかばっていたせいもあって、今は関節が固くなって正座が出来ない。実はこれ、1992年頃に初めて中国へ行った時に、GIF画像のような道路中央の柵(?)を飛び越えようとして派手にすっ転んだ時の後遺症。幸いにも広い場所だったので車との接触はなかった。しかし、当時はお金も時間もなくて病院へは行かず薬局へ行ったところ、蛇の毒入り(?)のシップを勧められて貼ったら、皮膚まで炎症を起こしてシャワーすら痛くて浴びれなくなった。

轢かれたこの人はかわいそうだけれど、残念ながら日本と違って歩行者が悪いという扱い。で、運転手が「大丈夫か?」と降りて来たら、今度は治療費やら色々タカり始めるのもよくある事なので、ケガをしていない限り、たいていは睨み合って何事もなかったかのように互いに立ち去るのが普通な感じ。自分が中国にいた時、接触事故があって助けて病院へ連れて行った社長がずっとお金を請求されてた。何故か信号が赤になってから飛び出して轢かれて吹っ飛ぶ電動自転車に乗った女の子とか、そんな事故は何度も見てきた。やれやれ(´・ω・`)


カテゴリ:中国

あのラケット型電気蚊取りの威力。それとねこ。

[広告 ] VPS

デジカメで撮った映像を観ていたらあったのでアップロード。
どちらも2007年に撮った物。
撮影機材はCASIO EX-P505。


[広告 ] VPS


椅子の上に寝る”ねこ”。ふてくされているというか、相手をしてあげないとこうなるw
どちらも懐かしい。。。

ねこ写真はもうしばらくお待ちを。

カテゴリ:中国

懐かしい
スマホ・PC・ドローンなど秋葉原30個分の規模であらゆるガジェットが手に入る深センの魔窟・電脳エリア「華強北路」に行ってきました(GIGAZINE)

懐かしい。とはいえ行っていたのは92年頃なので、当時はこういったガジェットが手に入るのは香港だったけれど。PC-Engineやメガドライブが全盛だった頃。リンク先の写真を見ると難しい漢字の繁体字から簡単に略された簡体字が増えてる事に気付いた。発音も普通話でのピンインになってる。華強北(フーチャンペイ)と記事では書かれているが発音はファーチャンベイに近い。広東語だとまた全く違う発音をする。

シンセンの街並みはこの頃と全く違う、2000年頃に行った時とも違う。凄い速さで発展しているんだなあ。92年当時のシンセンは日本よりも先に普及していたケータイ電話を手に通話するビジネスマンがいると思えば、体重計でお金を稼ぐ子供、花を売りに来る子供達がいたりと、混沌としていた。今は杭州ですら見かけないが、床屋通りがあって真面目過ぎた自分は何故店先で女の子が呼び込みをしているのかが分からなかった。そして2000年に行った時には随分都市化が進んでいたのだけれど、暴行を受けた障がい者のホームレスが血を流して道にうずくまっていたのを目にしてモラルの低さを感じてた。

機会があれば、またデジカメやら持って行ってみたいなあと思う。2000年に行った時には30万画素のデジカメだったし。しかし、最近の仕事では時間の都合が付けづらいのでまず行けないだろうな。都内ですら体調の悪さから出歩かなくなっているし・・・・。

カテゴリ:中国

2007年時点でのラケット型蚊取り
ねこ画像を整理していたら最後に買っていたと思われるラケット型蚊取りの画像が出てきた。
購入は2007年6月17日。

20070617-152811_20150714044026394.jpg
全体像

20070617-152828_201507140440288e9.jpg
20070617-152840_2015071404402903c.jpg
ライト付き(LEDじゃなかった)

20070617-152926_20150714044030d19.jpg
充電用のプラグ

20070617-152937_20150714044032e99.jpg
製造会社の刻印の上は押しボタンのスイッチ、下部にスライド式のメイン電源のON/OFFがある

20070617-153111_20150714044105e7e.jpg
お値段は27元。今日現在のレート(1元=19.86円)で日本円では536円也

20070617-152955_2015071404410776d.jpg
ネットは二重になっている。子供の指だとギリギリ入るか?

20070617-153025_20150714044108ac1.jpg
20070617-153049_20150714044110d09.jpg
パッケージ(袋)

これ以外にも蚊取りの画像があったはずなんだがフォルダーが多すぎて見つからないw

ねこ画像は良さそうな物を選んでリサイズするところなのだが、274個もある。さすがにブログに載せるには多すぎるのでここから更に厳選しようかと思う。

カテゴリ:中国

無錫の写真
会社の人間が無錫へ出張するというので、デジカメで適当に撮ってきて欲しいと伝えた。その写真を掲載。撮った本人ではないので詳細は不明。EXIFは全部ではないものの、GPSでの位置情報が残っている物もあるので場所もわかるかもしれません。

20140924_191403.jpg

画像が多いので続きにて。

続きを読む▼

カテゴリ:中国

これは無理だった
中国名物「臭豆腐」を食べた男性が多臓器不全で昏睡状態に・・糞便漬けだった可能性(コピペ情報局)

臭豆腐、自分が見たのは記事の写真と違うような。杭州に住んでいた当時、アパートの周囲は屋台が多く、鼻が曲がるのではと思う位に臭いがきつかった。

更にその昔、とあるアダルトゲームの会社に席を借りていたのだが、そこで市販のパック豆腐がまん丸になる位に放置していた人がいて、ある日それが爆発した。室内に拡がったその臭いは数ヶ月、取れなかった。その時に嗅いだ腐った豆腐の臭いと変わらない印象だったから、とても食べる気にならなかった(;^ω^)

当時、食べた日本人の感想は「臭いが口の中に入ると気にならない、まあまあ美味しい」との事だったが。それでも自分の食べ物に対する好き嫌いは色々と周囲から言われて気にしてはいたが「食べられないものは食べない」というスタンスは案外正しかったのかもしれない。

同様に、とは言わないが臭い繋がりでもう一つ。中国にも漬け物があって、スーパーに売り場があったりする。そこも凄い臭いがするので、そこと乾物、生鮮食品の売り場は買い物の際に避けていた。


FT#195原画作監及び、リテイク作業終了(たぶん)。来週放映かな。

カテゴリ:中国

こんな感じ。
中国住みだけど質問ある?(BIPブログ)

リンク先には北京に住んでいる方の書かれた情報。今は都市部ならどこもそんなに変わらないと思う。

私が行ったのはシンセンと杭州、無錫。住んでいたという意味では杭州が長い。これまでこのブログでも書いてきたのだけれど、ダイジェストで書いてみた。

長いので続きにて。
 

続きを読む▼

カテゴリ:中国
| Top Page | Next