TOP謎のひとりごとそうでもないのだが


そうでもないのだが
最近のアニメのOPってすごくね?(デジタルニューススレッド)

前置きとして、構成(絵コンテ)や演出ではなく作画の立場で作画のみに関しての感想。

長いので続きにて。続き。

最近は3Dで起こした物にキャラを乗せた物が増えてるのは確か。しかし、そうなると必然的に本編でやるような3コマではなく2コマか1コマで作画する事になるので(3Dと合わなくなる、フリッカを起こす、セルと背景の組みが合わなくなるため、など)、原画と中割枚数が多くなる。デジタル化のおかげで複雑なカメラワークやフィルターを掛けやすくなったのは便利な反面、誤魔化す事にもなる。

で、ごく一部の作品以外は動画&仕上げが中国&韓国というのがほとんどなので、実は質的にはあまり良くはない。速く動いているので目に止まらないだけで、コマ送りしてみれば崩れは目立つ。前述の誤魔化しが出来る事で、良さそうに見えるだけだったりする。だから線画に色が着いただけの段階の物を見ると結構酷い。撮影(特殊効果含む)って凄いな、と素直に思う。

デジタル化で楽になった増殖(コピペ)の恩恵もある。手描きで一つ一つやっていたら日が暮れる物も一つのパターンだけ描けば済む。手が掛かっていそうで、実は楽な物もあったりする。

動き自体に関しても、ハデなアクション、カメラに引いたり寄ったり、エフェクトがハデに入るような物のは実は大変じゃない(原画マンによっては得手不得手はあるが)。上記の誤魔化しも効果的に楽に出来る。むしろ大変なのは地味に見える日常的な生活芝居、名作物などのOP。ゆっくり目の動きで風に髪や服がなびく、ってのも面倒。その辺に上手さ、下手さがそのまま出てしまう。動物物も同様(犬ハサ除く)。カメラワークを含めた上で3Dではない手描きの背景にきっちりキャラを乗せて動かすのも大変。

ついで書くと、昔のOPと言ったら一人~数人で専門で担当されている場合があったのだが、昨今の画面上での情報量(線の多さ、キャラの多さなど)の増加、スケジュールの少なさで、とても一人では不可能に近くなってきた。カット数も異様に多い。だから本編並の原画マンの人数が投入されている。それならそれなりに凄い物が多くても不思議ではない。作画監督は大変だろうと思う。

本編とは関係のないOPならではの見せ方をしている物に関しては、センスの善し悪しなので何とも言えず。良いOPとは何か?、と問われれば自分にもまだわからない。先の展開を最小限のネタバレに抑えた、物語や世界観を感じる物とか、観るのが楽しみな物かな?


あ、ちなみに自分が担当していたFTのOPは本編とのギャップが出ないように、あえてハデな絵作りはせずに抑えてた。あくまでも本編で想定される影付けや動きにとどめた。故に地味だとかダサっと思われても仕方が無いし、当時はOPだけに専念している時間はなかったし、文句を付けよう物なら、多分「自分で全カットの原画をやれ」と言われていただろう(^o^;)
関わっていないけど、犬ハサのOP&EDが完成したのは#3の作画が終わってからだった・・・。


関連記事

カテゴリ:謎のひとりごと
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |