TOP近況退院しました


退院しました
色々とありましたが、無事退院出来ました。
まだ縫合痕の腫れが治まらず痛む、少量の出血もあるので来週再度病院で検査します。
縫合の糸は体内に吸収される物で抜糸はしないです。抜糸の痛みはわかるのでされないというのは嬉しい。

手術、入院~退院をダイジェストで書くと、、、。

・12月2日、午前中に病院へ。午後5時以降に腰椎麻酔、手術。
前日21時より水分と食事制限。下剤が効かなかったので浣腸を二回。腹も痛く口が渇く中、座った状態で麻酔注射、その後、何も隠さない全裸状態で手術台へ(;´Д`)
仰向け、両足を大きく開き、両腕も固定。右腕には血圧計か何かの装置。かなり恥ずかしい格好。下腹部に軽い痛みのみ感じる。術後は尿道にチューブ。痛い。頭を振ると障害が出るそうなので安静に。

・二日目夕方、流動食開始。前のエントリの画像などマシに見えるほど少量の液体のみ。
紙おむつ使用。食事はスプーンですくっておしまい、という位。当然全然足りない。。。

・三日目~、禁煙症状に苦しみつつ凌ぐ。患部の痛みが厳しく、頻便もあって苦しむ。
切ったのだから当然とはいえ、ビリビリとした痛みが続く。尿道のチューブが外された。会社の人の差し入れ(飴など)で何とか口寂しさをカバー。タバコは隣の患者さんが隠れて吸っていたが厳重注意をされていた(;^ω^)

ガムはかんでいたのだけれど、ガス溜まりの原因になっていたらしく、以降は空気を飲み込まないよう注意していた。

・土曜日、新たな入院患者、痴呆らしく照明の頻繁なON/OFF、徘徊と独り言で眠れず。
色々な人がいるのはわかってはいたものの正直怖かったし、何度注意されても聞かないのは見ていて辛い。食事が普通へと切り替わった(^▽^)/。シャワー解禁、スッキリ♪

・日曜日、上記患者が別室へ移動。便秘状態がピーク、とりあえずお薬を貰う。
年配の女性自身が男ばかりの5人部屋で嫌だったのもあるらしい。ホッとした。

・月曜、退院当日早朝、救急患者が一時入り、バタバタしてまた眠れず。
TVでよく見る救急現場そのもの。トイレが近かったが他の病院へ搬送されるまで我慢していた。

毎日繰り返されたのは点滴、体温、トイレの回数の問診、血圧、心拍の検査。紙おむつ、紙パンツは退院前日まで使用。汚れや臭いがあるのでこれら消耗品は出費を惜しまず。


そして退院手続き完了、帰宅~\(^o^)/。
今更ながら、大体の方は分かっていると思いますが、病気は「痔」でした。
市販薬の使用や通院しても治らず、病院を変え、手術への決心からの事です。

皆様には大変ご心配をお掛けしましたm(__)m

追記:
タバコは・・・、実は我慢出来ず吸っていました。
とはいえ無煙タバコですが。賞味期限切れてたけど中国行きに備えて持っていた物でした。
咽頭癌になるという話はありますが、タールの影響が無い事と口を洗う事である程度は有効かと思いますし、満足感は足りないのですが今回はこれでカバー出来ました。
関連記事

カテゴリ:近況
Back | Top Page | Next
Comments
2013/12/09
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
退院おめでとうございます。
まだしばらくは安静状態でしょうけど・・・

タバコは、止めるチャンスでは有ったのでしょうけど・・・
なかなか止められませんよね(; ̄ω ̄)ゞ
(数日開けた後のタバコは、頭にクラッと来る感覚が気持ちいいんだw)
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |