TOP謎のひとりごと意外と身近なのかもね


意外と身近なのかもね
こことか笑えるな、と思って読んでいたら本当に頭が痛くなった。
もういい、(・∀・)カエレ!!

自分には関係無いなと思っていたらまさかの出来事、という事で続きに白字で。。


その前に前エントリーのコメントに対する返答です。

かのんさんへ
コメントありです★。
しかちゃんも音を出してなかったと以前聞いた事があります。たまり場、行きたい気持ちもあるのですが、接続時間が時間なもので誰もいなかったり(;^ω^)。それと気付けば時間が無いのもあって経験値や金銭効率しか見なくなった悲しい自分がいます。だからこそゲームが楽しめなくなってるんですよね。どこかで治さなければ。。。



続き。

先月、会社で自分の同業の先輩にあたる人が会社を抜けた。「辞めた」のではない。出て行った、といった方が正解か。これは2年以上ほど前の事。住んでいるアパートのエアコンが故障しているという話を電話で聞き、「熱中症になったら大変だし、だったら会社の空いている席を貸そう」という事で会社に来るようになった。

出て行った理由は本人が受けた疎外感だったのかもしれない。しれない、というのは理解に苦しむから。これまで何度か会社から紹介した仕事を遅らせてしまう事があり、出すのをためらった。それでも他の新人を含めて賃上げや拘束料の値上げを要求した。仕事を出さないという点については会社側には自分からも席を貸している意味がない事もあり、説得をしたのだが、確かに仕事をしないのであれば拘束料アップは出来ない。

そんな中、やがて会社の運営に関わる事にまで口出しをするようになり、実質現場を支配しているような状況に。見かねた社長からの「運営は我々に任せて仕事(作業)だけに集中して欲しい」の一言。それが何故か大きく気に障ったようだ。気付けばその事以降、古くから親しかった私とも話さなくなった。

実は会社に入る1年近く前に一緒に呑んだ時の事。私が○国をネタに馬鹿話をしていると、突然のカミングアウト。在日○国人(本人曰く朝○人か韓○人かは不明)だと言う。呑んでいた他の人は以前から知っていたらしいが一瞬空気が凍り付いた。彼の実家が以前、パチンコ屋を経営していた、というのもこの頃に知った。免除などの特権らしき事も幾つか会話の中で耳にした。

言う事はハッキリ言うし、彼が言っている事は正しい事も多い。しかし幾つかおかしな事があり、とても賛同出来ない事もあった。一旦「不機嫌になる要素のスイッチ」が入ってしまうと気に入らない人に対して「奴をクビにしろ」、「殺す」発言や徹底的に無視をする、といった感じだ。私個人からもやんわりと解決の方法を提案しても聞く耳を持たない。某国の大統領と同じ行動のような。

挨拶の仕方に対する拘り、礼儀についても熱弁を奮う。しかし、このスイッチが入った相手に対しては無視をし、協調、同調性が見られない。人の無礼は許さないが、自身の事は関係無いといった感じだ。

長い付き合いがあっただけに残念だが、今回の事で今後一切の交流が無くなるだろうと思う。私個人は快適に仕事が出来る環境を親切心のみで紹介しただけなのに、何故か恨みを買う事になってしまった。

それにしても、これまでも業界では外国人が就労ビザを取得して現場で見かける事はあったものの、在○の人間があちこちに紛れている事には驚愕した。。。
関連記事

カテゴリ:謎のひとりごと
Back | Top Page | Next
Comments
2014/09/01
from #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |