TOP謎のひとりごと自分のルーツをたどってみる


自分のルーツをたどってみる
ちょうど母の所へ晩飯を食べに行った時に出た話題、自分と家のルーツについて軽く調べてみた。母が元気な内に聞いておきたいという気持ちもあった。家系図などは母の実家(新潟県上越市)に行かないとわからない。

・士族だった
これは小さい頃から聞かされていた事だが、当時は何もわからなかったw

・家紋は下がり藤
派生型(?)も色々あるみたい。正確な形も記憶が定かじゃない。

・明治時代に北海道開拓に行っていた
移民はしていないようで北海道には親戚はいない。

・名字自体のルーツ
ネットで調べてみると現東京都、埼玉県広域、神奈川県北部。親戚自体は都内に数件あるが、神奈川と埼玉には親戚はいない。全国に名字と同じ地名があるが全く関連性は無い。

父は小学生時代に離婚したので詳しくは分からないが、上京してからも同じ名字の人と一度も会った事が無い、数少ない名字なのでついでに調べてみると、全国では1200人、県内に118人、生まれた町に12人。同級生に1人だけいた。自分の生まれた福島県内が発祥とされている。全国ランキングでは7,522位。どうりでPCの漢字変換で一発では出ないわけだ。どちらの名字も桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)が関係しているというのが共通してる。母の実家は普通に農家だったけど。

北海道開拓政策は生活に困窮した士族を救済するため、という解説文を読んだ。うん、今の自分も生活に困窮してるに近いのだが(;^ω^)

・・・何だかスッキリしないw
関連記事

カテゴリ:謎のひとりごと
Back | Top Page | Next
Comments
2014/09/22
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
我が家の場合は、遡っても遡っても地元から離れませんなw

既に分家して3代目という事もあり、本家との繋がりは細くなってるけど、何だかんだと地元なんで、未だ健在の本家の本家なんて所も含めて顔見知りだったりするw
(本家が、本家の本家から分家したのは、たぶん江戸時代)

地元に木村半兵衛なんて人がいた事もあり、さぞ立派な井戸があったのでしょう、名前と家紋の由来はその辺から来ていたりしますね。
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |