TOPモバイル・PC・玩具ディスプレイをCintiQ13HDに


ディスプレイをCintiQ13HDに
前エントリーで書いたように、ディスプレイの故障により、一時的にTVでもあるI・O DATAのLCD-DTV192XBEに繋いでいたのだが、これが目に良くない。解像度の低さ(1366×768)で作業するにも狭い。それよりも発色がきつく、特に白いウインドウ上の字が見辛く長時間は観ているのが辛い。動画やTVを観るには鮮やかな発色なので綺麗ではある。輝度を下げてみたり、色々と設定したがやはり目が疲れる。

買った当時はこの一台でTVも観られてPCも繋がる、外部入力もある、という事で凄く良い物だと思っていたが、やはりそう上手くは行かないもので、別途液晶ディスプレイ(今回壊れたの)を買ったのを思い出した。

・・・という事で今までサブPCに繋いでいた液晶タブレットのCintiQ13HDを外し、メインPCへ繋いだ。これもまた13インチという画面の大きさにFHDの解像度を持つため文字が大変小さくなるが、IPSパネルのおかげで観やすい。当たり前だけど、作業をするにもこのPCの方が性能が高い。実はサブPCであるZBOX nanoのCPUのスコアは前エントリーで書いたm-Stick MS-NH1に負けている。体感差はほとんど無く、グラフィック性能の高さとSSDの速さでカバー出来てる感じ。

2013-04-08_034615Mouse_Radeon HD7750
メインPC

20120610_zbox_201412241154415b5.jpg
ZBOX nano

2014-12-27_043842.jpg
m-Stick MS-NH1
※画像を差し替え(以前のは拾い物)

壊れたディスプレイは修理と買い換えのどちらかにするか考えた。メーカーに修理、またはリサイクルとして出すには、どちらもダンボール箱へ梱包せねばならないという決まりがあった。で、入るような箱が見つからずメーカー側に集荷時にダンボール箱を貰えないか質問してみた。返答はまだない。

2014/12/26
メーカーからの返信あり。ダンボール箱のつぎはぎでも可、との事。


FTブレイブサーガ、あれからアプリを消し、再インストールしたところ無事に起動し、途中で落ちる事もなくなった。どうやらデータが壊れていたらしい。最新OSに未対応だった事が原因ではなかったようだ(^▽^)/


関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |