TOPお知らせ年末年始の予定


年末年始の予定
今年は何度か書いたけども、仕事を絞ったのと現在進行中の作品のレイアウト上がりが遅かったので今日から休み。大晦日と元旦は親の所で過ごす。都内なので帰省ではないのだが、少しでも親孝行というか一緒に過ごす時間を取りたかったので。

仕事始めは4日辺り。作業すべき物があるかどうかはわからないが、とりあえず。

普段の年なら仕事で大掃除をする暇は取れていなかったが、今回は少しだけ時間が取れるので出来るだけ掃除をしておきたい。アパートのあちこちに故障やら問題が起きている。このまま放置するのは大変危険で修理に人を呼ぶにも、上げられる部屋じゃない。まさに汚部屋なので何とかしたいところだ。忙しさから寝るだけの部屋になっていたので荒れ放題になっているのは反省。速やかに片付けなければ。。。

このブログの元旦のエントリーは既に書き終えていて予約投稿となっています。今年は多少の余裕があったとはいえ描き下ろしの年賀CGは間に合わなかったので会社用の絵を転用させて貰いましたm(__)m


続きにどうでも良い事だけど、見つけた記事に対しての物。

2014/12/29 0:22追記:
コメントへのコメントw

野苺さん
コメントありです&はやっ!
白箱、まだ観た事なかったりしますw
今度時間があったら観てみよう。。。
続き。

ジブリアニメの作画枚数wwwwwwwwwwwwwwwwwww (アルファルファモザイク )

ジブリ自体の方針だとか、育成うんぬんは置いといて、これまでの経験から枚数について書いてみる。

・アクション物や戦闘物よりも日常芝居は枚数が掛かる
TVアニメでは止め絵で済む場合があるが、劇場ではそうは行かず止められない。所謂止め絵+スライド、みたいな手法は敬遠されるのでギャグカットのような物にしか使えない。アクションカットはセンスのある人なら飛ばして描く事も多く、早くあがる場合もあるが、劇場ではTVのように背景パースに関係無く極端にカメラが寄ったり引いたり出来ない。劇場の大きなスクリーンでは移動や飛ぶ幅が大きすぎて何が起きているか分かりづらいのもある。だから枚数はそれなりに掛かってしまう。

対する日常芝居は基本となっている割にはきちんと描ける人は少ない。下手な人だと動かす以前に構図やパースが取れていない。ポイントを抑えて動かせるなら良いが、これら基本の出来ていない人だと余計に動かそうとして枚数がかさむ。複数のキャラが絡むカットだと難易度も上がり、セル分けや描き込みも増えるので複雑になる。

デジタルになった事で楽になったのは手前から奥へ、またはその逆のキャラの移動に撮影でカバー出来るようになった。小さなキャラでも縮小貼り込みやコピペの増殖が出来るようになった。セル画の頃と違い、セルの重ねの制限が無くなった。3DCGが使えるようになった事でカッチリ描かなければならなかった自動車やメカが手描きの代用として使えるようになった。作品によるが大勢のモブカットで3DCGでごまかせる事が多くなった。そのため、純粋に手描きのみでやっていた頃よりも枚数削減は多少なりとも可能になっている。

個人的な考えだが、3DCGで置き換えられる物は積極的に使うべきだと思うし、手描きをデジタルで補える物も同様。手描きが淘汰される事は無いと思うし、使うべき所に絞って使うのであれば枚数も手描きでの手間も省ける。

ふと思ったのだが、汎用のモブキャラの歩きや走りのパターンを角度違い、衣装違いでたくさん作っておけば素材集として売れるのではないだろうか?w

関連記事

カテゴリ:お知らせ
Back | Top Page | Next
Comments
2014/12/29
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
以前の、ここでのアニメネタへのツッコミ(解説?)記事の内容が、まんまSHIROBAKOでネタになってて笑った今季でしたw
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |