TOPモバイル・PC・玩具NEC TERRAIN アンロックモデル購入


NEC TERRAIN アンロックモデル購入
20150323_015200.jpg
NEC TERRAIN アンロックモデル

以前書いたCoviaのスマホ(CP-F03a)は新製品が続々と出て、サイトから早々に消えてしまった。内蔵ストレージ容量の少なさとバッテリーの保ちの悪さは厳しい物があったので仕方が無いのかもしれない。デュアルSIM自体はあまり見ない物だし、クアッドコアのCPUも電池の減りが早いとはいえ良かった。後から標準の二倍の大容量バッテリーを追加注文はしたものの厚く重くなってしまい、ケース類も使えず持ち歩く機会が減った。まあ、これ自体、本来の目的は中国で使うため。なので外観や性能はそれほど気にする必要は無い。出番が来るまでは保管しておく。

そしてNexus7を普段から持ち歩いているのだけれど、さすがにちょっとした外出時にも持って行くには鞄が必要って事で、別のスマホを購入してしまった。いつもの衝動買いに近い。続きに詳細あり。結構長いので興味のある方だけお読み下さい。。。


ちなみに故障したVivoTab note8は先日修理出しを済ませた。済ませたというか、実は宅配便に来て貰ったのだが当日は寝ていたため出られず、翌日に再配達で(;´Д`)ゴメンナサイ

 
続き。

20150323_015253.jpg
購入はここで。Amazonで売られている物は業者によってはアンロックされていない物が含まれているようなので。液晶保護フィルムはポケゲさんのなのだが、同時注文を忘れていたためAmazonで。

20150323_015234.jpg
画面は縦のVGA。狭いのでゲームなど対応しない物が多い。

20150323_015329.jpg
一番惹かれた要素であるキーボード。
ATOKで特に問題無く使えた。

20150323_015354.jpg
背面カメラは500万画素、今となってはメモ代わりに使う程度だが画質は悪くない。

20150323_015404.jpg
バッテリー室の蓋、ロックが硬いがその分安心。

・・・、とお気付きかと思うが防塵、防水、耐衝撃なスマホだったりする。それも衝動買いをさせた要因でもある。スペックその他は以下からどうぞ。

NEC Terrain
(google検索)

NEC Terrain - Animated Toughness(YouTube)

以下、画面のSSと簡単なレビュー。
2015-03-22 051207 (1)

2015-03-22 051207 (2)
中華フォントは、、私はあまり気にしてない。中国でも使う事を考えるとむしろ歓迎♪

2015-03-22 051207 (3)
バッテリーの保ち。

2015-03-22 051207 (4)
画面解像度や大きさのせいか、保ちは悪くないようだ。

2015-03-23 064911
背面カメラでの撮影画像。クリックすると縮小無しの原寸で表示。
ちょっと黄色に転ぶ傾向があるみたいだ(画像は早朝の朝陽ではあるが)。


使ってみた感想としてはやはり手荒に扱っても安心という点に尽きる。雨の日やシャワー中に使えるのも嬉しい。これに合う大きさのケースはないが、別になくても良いかと思わせる。もちろん買ったばかりなので気を遣ってはいるけれど。画面の小ささは初代W-ZERO3(同じくVGA、640×480ピクセル)を使っていた頃を思い出せば、それほど苦にならないし見に行くサイトを選べば問題無し。

地味な特徴だが本体下部にあるステレオスピーカーの音量には驚いた。バッテリーを気にしないのであれば音楽を再生させておくのも良いかと思った。Nexus7(2013)でも良いのだが背面スピーカーだし。ちなみにCoviaのスマホではヘッドホンジャックの挿し方が悪いと内蔵スピーカーから盛大に音が出てしまうという欠陥があった。

Coviaのと共通するのはUSBホスト機能がない事か。

致命的なのは内蔵ストレージの少なさ。これは購入の理由となったCoviaのスマホよりも厳しかった。プリインストールのアプリは消せず、それらのアップデートで容量不足が出てしまう。仕方が無いので必要なアプリをインストールした後、SDカードに移動した。だから、本当に必要最低限のアプリしかインストールしていない。SDカードに移せないアプリは諦めた。ゲームも無理だろう。

充電に関しては要求するUSBのACアダプターの電圧はシビアな物ではなかったので、いろいろな物が使えた。モバイル用の外付けバッテリーでもじゅうぶん充電出来る。電池容量は少ないので追加で購入するかもしれない。

中国でも使える、と書いたがこれは日常で使いたいと思う。通話は出来ないがSkypeやWechatといったメッセンジャーアプリを起動しておけば、必要な時にチャットも出来る。7インチのNexus7でやるよりも人前で浮く事がない。難点があるとしたら画面の狭さから、このブログの更新はFC2ブログアプリを使っても快適ではないだろうと思う。

WiMaxルーターとの接続、実は当初、どうやってもネットに接続出来ず苦労した。ルーターの設定画面にログインしチャンネルを変えたり色々と試行錯誤した後、ようやく安定して繋がるようになった。補助としてtwawm2 for NAD11/WM3800Rというアプリを常駐させている。接続状況が一目でわかり、便利。


ともあれ久々に持っていて嬉しいガジェットを手に入れた。ついつい遊んでしまう玩具としてではなく道具として使える物だったので嬉しい。ゴツイ本体もCoviaのスマホとは対照的で安心、格好良くも見えてきた。値段の割には安っぽくはないし。SIMは入れていないので単体で通信は出来ないため、WiMaxのルーターも一緒に持ち歩く事には変わらないが、大きな鞄を持ち歩かなくて済むのはありがたい。

本ブログでは技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではありません。お約束として。
関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments
2015/03/23
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
500万画素でも画像劣化が少なければ実用レベルですね(´・ω・`)

WiMaxとLTEが訳分からなかったけど、機器本体が直接通信するか、ルーター通した通信かの違いだと思えばいいのかな?

バッテリーの持ちに関する話題は、スマフォ持ってる人からよく聞くけど、まだ一度も、持ち運び機器を持ち運んで利用した経験のない私には、今ひとつピンッと来ない話だったりしますw
[ 編集/削除]
2015/03/25
from マーちゃん(うじゅら) #jYbOzkUY URL
野苺さん
コメントありです~。

500万画素とはいえ結構優秀みたいで、以前使っていた同じ500万画素のムービーカメラ、Kodak Zi8よりも画質は良いです。光学ズームはないもののLEDフラッシュ、オートフォーカスもありますし。

WiMaxはWiMax2+対応になってからかルーターの中にAUのSIMを入れるようになりました。実はWiMax自体、ずっと無線LAN同様の通信方式の一種だと思っていたのですが、LTEと被るようになったみたいですね。
ちなみにTERRAINのLTEは日本では有効にはならないようです。

バッテリーのもちは長年、この手のモバイル機器では悩みの種でした。当たり前ですが弄らなければそこそこ持つ物ですが、機械の性質上、弄らないといけないし液晶画面とバックライトが電池を食うw
最近ではUSB端子の付いたモバイルバッテリーも安く色々出てきてはいるので助かってます。やはりスマホやタブレットを使う人が多くなってバッテリーの少なさが注目されたんでしょうね。
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |