TOP謎のひとりごと漢字の違い


漢字の違い
【漢字】「簡体字はキモい」 香港で渦巻く“中国本土化への嫌悪感”(保守速報)

自分も繁体字から簡体字に慣れる、切り替えるのには時間が掛かった。簡略化し過ぎて全然読めなかったり、簡略化する前の文字を探したりもした。ちなみに現地の人はどちらでも読めるようだ。

それと意外にも日本で改変された漢字でも読めるようだ。まあ、一部だけだろうけど。現地スタッフとのやり取りで、魔王の「魔」、日本語で略すとカタカナの「マ」を書いたりするんだが、その辺もすぐに読めるようになってた。意外と応用力があるんだなあ、と変な感心をしてみたりw

簡体字の良さとは言わないが、飛ばした汚い字でもわかりやすいというメリットはあるかもしれない。画数の多い繁体字では書けない漢字も多いし辞書を出して書くのも何だかな、と。以前にも書いたかもしれないが、識字率の低い人も存在する。ある日、私は聞き取りも会話も厳しい状態だったので筆談しようとしたら、その人は字の読み書きが出来ない人だった。


上に関連した話じゃないけれど、先日見つけたアニメ。

小倩 (1997) 日文配音版 無字幕(YouTube)

[小倩(粵語版本 )][動畫][中文字幕](YouTube)

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン(Wikipedia)

2006年頃からずっと気になってた日中(香港)合作アニメの日本語吹き替え版が見つかった。現地でTVに流れていた映像を観て、それの正体を知るまで2年も掛かってしまった。苦肉の策としてデジカメで現地のTV画面を撮影して、それを知り合いのベテランアニメーター達に見せて回ってようやく知った。YouTubeに細切れにされた動画がアップロードされたのを知ったのはそのすぐ後だったと思う。上のリンクはつい最近になってアップロードされた物で1本丸々になっている。ありがたい♪

上のリンクの二番目の音声は広東語、字幕が普通話(北京語)。私は1992年当時、香港とシンセンに行ってた事から広東語は分かりそうだと思われるが、実はごく一部分の単語しかわからない。だから字幕を見て自分なりに意訳しながら何度も観てた。この字幕は繁体字。

時代が時代なので3DCGの出来は厳しいが手描きの作画は今でも十分に通用する。お話も子供から大人まで楽しめる内容で良いと思う。動くところは動画枚数を掛けてとても良く動いているし、それなりに泣かせる場面もある。惜しいのは低解像度の動画しか観られない事だが。個人的には最近の似たような絵柄のアニメばかりよりも、こちらの方が好きだ。

確かめたわけではないのだが、あり得る話として。92年当時、某OVAの動画検査を任されてシンセンに飛んだ。その当時に教えていたスタッフがこの作品に入っていても不思議な事ではない。その会社の親会社は香港のTV局。当時、日本はもちろんアメリカ、イタリアなど多くの国のアニメを製作していた。自分が帰国し、しばらくしてから解散したという話は聞いた。

ソフト自体が欲しいのだが、とても手に入りそうにない。残念だが日本語で観られただけでも幸せだったりする。これまで人に薦めようにも日本語ではない事から躊躇していたから。


関連記事

カテゴリ:謎のひとりごと
Back | Top Page | Next
Comments
2015/04/22
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
日本の平仮名片仮名みたいに、とりあえず、簡単に意思を伝える手段ってのが少ないから、漢字を簡略化してるのかなと・・・
(その程度の認識しか無いが・・・)

平仮名片仮名は、比較的簡単に覚えられるが、漢字は長年掛けてコツコツと覚えていくしか有りませんからねぇ・・・ニュアンスまで伝えられる優れたモノではあるんだが・・・
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |