TOP近況上腕神経痛


上腕神経痛
目眩の原因だと思われる頸椎の影響と思われる神経痛が一ヶ月前辺りから出始めた。肩から上腕までの痛みやしびれ。辛いのは服を着る時、トイレ、寝返りの時。また、あくびをする時に伸びをするとこれもまた激痛が走るようになった。しかも利き手である右腕なので最悪だ。

肝心の頸椎の治療は残念ながら仕事で忙しく、最後の治療から半年近く開いてしまった。仕事では特に傷みはないので問題はないのだが、今後悪化した場合はわからないので早めに時間を作って病院へ行こうと思う。最近、少し落ち着いていた目眩が復活しているので油断できない。


自分の仕事のスタイルは説明すると長くなるのだが、最近はTVなどのメディアでも取り上げられている事も多いから知っている方も多いと思う。基本的にトイレや食事、休憩以外はライトテーブル付きの作画机に座りっぱなしの仕事だ。ライトテーブルの蛍光灯は個人的にLEDに入れ替えてある。それでも長時間見続けるのは結構な負担。他の絵描きとの違いは1枚の絵を描いていれば済む物では無く、連続した動き、芝居や背景を意識しつつタイムシートと睨めっこして確認作業もする。同様に大量に描かなければならない漫画家と共通する物もあるが、基本的には全く違う物。何故か年配の方を中心に混同されている事が多く、説明に困る。自分は漫画は描けない。

現在は某作品の原画作監作業中。毎日多くのカットを修正している。1カットで1枚直せば済む物もあれば、海外や国内の上手くない原画マンに撒かれたカットでは全部手直しをしなければならない事もある。背景パースなどはレイアウト段階での演出、作監チェックで直してあるので、純粋に原画がきちんと描かれていれば修正すべき点は絞られる。ただ、演出の追加修正の要請があったり、変更があればそれは直さなければならない。逆に内容に問題無く上手く描かれていればスルー出来るカットもある。

仕事はここで終わりではなく、ラッシュチェック、バラチェックで出たリテーク作業も並行して行われる。つまり納品される直前まで続く作業だ。たまに動画レベルでの直しが必要となったり、線の一本一本に至るまで神経を削っての細かい作業だ。ちなみに今回は他の作監との分担作業ではあるが、全体の動画枚数は30分物とはいえ5000枚を超えた。

こんな感じで毎日ほぼ夕方~翌朝まで作業している。さすがに帰宅してから「さて、趣味のお絵かきを~」などと言ってる余裕はないほどに疲れている。腱鞘炎にはなった事がないが、手指は疲れ目はショボショボ。自宅の液晶タブレットCintiQ13HDはPCのディスプレイ代わりになっているので立てるような傾斜角にしてある。ここで神経痛もあるものだから、なおさら絵を描く気にならない。この仕事が終わらないと時間も取れないのだが、描くとしたら紙に描いてスキャンして、塗りをタブレットでやる事になると思う。何から何までデジタルで描く必要はないのだから、気楽に楽しもうと思う。趣味で描く物なら〆切も制約もない、仕事とは違った観点で楽しんで描きたいと思う。
関連記事

カテゴリ:近況
Back | Top Page | Next
Comments
2015/05/14
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
何だかんだと、薬を使って誤魔化すしか無いんですよね。私の場合は、腰の痛みが消えるまでに2ヶ月位掛ってるのですが・・・

以下、個人の感想です

効果としては『ジクロフェナクナトリウム』と言う有効成分が含まれている塗り薬が一番効くのですが、持続時間が3時間前後と短く、私の場合は寝てる間に効果が切れて目が冷めました(; ̄Д ̄)
(仕事中に薬を塗り直す時間が有るなら、お薦めできる)

同有効成分の貼り薬が有りますが、一回の使用上限が2枚まで。広い範囲をカバーするには、何枚貼っても良いタイプの貼り薬とセットで使わないと全体をカバー出来ませんでした。後、24時間効果があるような事が書かれていましたが、12時間も経たずに効果が切れてるような感じが・・・
(それでも寝てる時間はカバーできる)

飲み薬として、頭痛とか虫歯の痛みに効果があるロキソニンと言うのがあるのですが、この辺は人によって(症状によって?)効果があったり無かったりするようです。
(ロキソニンは、薬剤師が居る時間帯しか売ってもらえない)

単に筋肉痛みたいなものであれば、DHCのビタミンB+とか言うのを飲んでると、治りが早くなったりするんですけどね(; ̄ω ̄)ゞ
20日分で150円位だから、やたらな栄養剤(キューピーコーワとかアリナミンとか)より安上がりだったり・・・

人によって効果の表れ方に違いが有るだろうし、絶対的なオススメも出来ないのですが・・・
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |