TOP杭州日記ねこ画像特集その1


ねこ画像特集その1
これより数回、いや、もっとかな?、当ブログはしばらく猫ブログとなりますw

とはいえ、現在飼っている猫ではなく、2007~2008年までの1年ちょっと飼っていた猫の記事です。個人的には忘れたくとも忘れられない、しかしこのままHDDの中に寝かしておくのもどうかと思い、懐かしむ気持ちもあって公開します。当時の中国の様子などは敢えて最低限とします。長くなるしね。また、結構な数の画像が当時の記事とダブると思われますが、お許し下さい。画像が多い事から、説明文は短く要点のみとします。



20070530-150729_2015081200044098a.jpg

2007年5月30日、中国浙江省杭州市のとある花鳥市場(ペットと花の市場)の片隅の地べたに置かれた小さな鳥かごにこの子はいた。兄弟や親猫は別のきちんとしたケージにいたのだが、この子だけが離されていた。尻尾は短く折れ曲がり、ウサギのようでもある。飼い始めて周囲から尻尾が短い事を珍しがられていた。きっと中国人の売り手にとって、この子は不良品や欠陥品のように見られていたのだろう。買い手が付かない、と。同情したわけではない。ただ、他の猫とは違った魅力のようなものを感じて購入を決心させた。値段は憶えていないが、日本円で3000円程度と後に買ったハムスターと大して変わらなかったと思う。
 
私は仕事、食うために中国へ行った。2004年から3年が経ち、過酷な環境や生活でのモラルの違いなどが積み重なり、いつ辞めようか、早く帰国したいという気持ちの高まり。仕事をする気さえ失いかけていた。そんな中、この子と出会えて気持ちが一変した。もう少し頑張ってみよう、と。

続きへ。
 
続き。


名前を決めかねていたところ、仕事場の隣の部屋の日本人スタッフから「面倒だから”ねこ”でいいよ」の一声で”ねこ”と決まった。彼ら日本人スタッフが辞めて帰国するまでは会社の一室で育てていた。

20070531-155157_20150812000442f9e.jpg

餌や水を入れる容器は鳥かごに付属していた物だ。あくまでも一時的な運搬用として使っていた鳥かごだが、後にハムスターの巣箱として利用する事となった。

20070531-202105.jpg
トイレ、猫砂、ペットフードは一緒に買ってきた。

20070531-202110.jpg
「ごちそうさま」、「もう飽きた」の砂かけ。

ヒトに対する警戒心はまだない。好奇心旺盛。初めて部屋の外に出た時以外は。

20070601-150525_201508120004468ce.jpg

性別はメス。耳の奥は点々とした赤黒い汚れ。後に動物病院でそれがダニの糞による物だと知る。

20070601-150833_20150812002440cff.jpg
20070601-151440_201508120024425b9.jpg
20070602-215559.jpg
無邪気に遊び疲れて眠る。

20070603-231036_201508120024451b7.jpg
20070604-071349.jpg
20070615-021249.jpg
20070616-061206.jpg

一つの部屋をガラスで仕切り、行き来は高い窓の段差しかない。ジャンプ力が付くまでは隣の部屋で寝ていた。

20070606-152443.jpg
20070606-165641.jpg
「何か用かにゃ?」

20070610-092840.jpg



その2へ続きます。
関連記事

カテゴリ:杭州日記
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |