TOP謎のひとりごととある老害の奇行録


とある老害の奇行録
昨日は某社の上の方が訪問され、ご挨拶。内容的には重かったのだが頑張ろうと思った。
・・・と、、、その矢先にやる気を削がれたので数枚上げて帰宅。

正直、愚痴以外の何物でもない。だけれど、吐き出さないと辛い。まあ、私の身内というか会社でやってきた人が見たら誰の事を書いているかはすぐわかってしまうが、それは笑い話として。憎い、というわけでもないが私は笑えないのだけれどね(^o^;)


長文なので続きにて。
愚痴なので面白くは無いだろうけれど、一般の仕事をしている方が読んだら唖然とするに違いない、とw
以前にも少しだけ書いたけれど、これまでのまとめ、みたいな物。
 
続き。

自分のいる会社には色々な人がいた。個性的な人もいれば大人しく、目立たない人も。しかし、そんな目立たず堅実そうな人がトンデモナイ人だという事があったりもする。2008年以降に会社が分裂、新たに別の会社から招いた中にその人はいた。年上という事もあって気を遣っていたのだが、次第にその常識外れな行動に嫌気が増していく。。。


・外見
社内の部署では最年長者。爺さんに近いが健康なおっさん。下記の自転車用のヘルメットを被りキメている。しかし、裸足に草履(サンダル?)。それで街中を闊歩しているので思いがけずバッタリ遭遇したくはない。

・こだわり?
新調した自転車を汚したくないのか、それがどんなに小雨、霧雨だろうと乗らない。乗る時間に降っていなくても、後で降るのがわかっているなら乗らない徹底振り。いつもピカピカに磨き上げている。

こだわりが強いのか、自転車のパーツも別途購入してカスタマイズには余念がない。しかし、こんなカッコいい自転車なのに、上記のように夏場はサンダルだったり、サドルの後ろに荷台とカゴを取り付けている。まあ、人の趣味にとやかく言うつもりもないし利便性をとったのだろうけど、長距離を乗らないのならママチャリで良くないか?

・言動
いつも何かしら独り言を喋っている。その内容は聴き取れるほど鮮明なのだが、うっかり問いかけてしまうと、まるで逆切れしたかのように怪訝な反応。もしかしたら独り言を話している事に自覚がない?、だから誰も話しかけない。深いため息や大あくび、そこに下記の””も加わり、厳しい。

・赤ペン先生
赤ペンで書いた手書きの注意書きメモをそこら中に貼りまくる。書かなくてもわかる事でも書きまくっている。おせっかいを通り越してイヤミにも感じ、目障り。それは広範囲に渡り貼り付けられ、美観も損ねている。以前この方を別室で仕事するようにしてもらったのだが、その当時も同じ事をして他の人から嫌がられて剥がされたりもした。それに懲りる事もなく、今もそれを続けている。本人がそれを変えるつもりが全く無い根拠は最後の方に書いた。

・会社なのに生活&生活音
本来一人一台の机のはずが、複数を占有している。その多くは仕事には関係のない趣味の物、生活用品だらけだ。会社は物置じゃない。更に冷蔵庫の開け閉め、台所での炊事、物を落とす、皿を割る、何にしても騒々しい。台所に立つ回数は社内の女子をも越えている。上記の独り言も含め、もしかしたら耳が悪いのではないか、という仮説もある。この人だけが本格的なヘッドホンをして周囲の音を消しているからだ。

・忍び足
生活音と逆に静か過ぎる歩行音。
ヒタ、ヒタ、または、ニチャ、ニチャ(裸足+サンダル、汗?)
・・・と気付けば側にいて怖い。隣の席の人の漫画雑誌を立ち読みしているのだ。そして、まるでついでかのように屁もする。。。

そういえばこの人だけが靴置き場を自分で確保しているのだが、一番高い段に置いている。それが強烈な悪臭を放っている。ちなみにスニーカー(時々サンダル)はバリバリと大きな音を立てるマジックテープ式。楽だけれどね・・・。

・人の机を漁る
ある日、参考として渡されていた某作品の原作本が綺麗に並べられている事に気付いた。しばらくしてこの方が「○○さん、この漫画、読んでいいですか?」と聞いてきた。犯人はこの人か!、どこまで漫画が好きなんだ。人がいなくなる時間まで残っている事もあり、各々の机の物を漁られていても不思議ではない。見られて困る事ではないが、勝手に物が弄られているのは気持ち悪い。

・レンタルDVD屋なのか
誰も観ようとも思わない古い年代のDVDを共用のテーブルに置いている。作品一つ一つに手書きの解説とオススメ文が。買った物なのか複製なのかは不明。何ヶ月も放置されているが片付けるつもりもないようだ。同様に書籍や音楽CDを焼いた物も。

・コミュニケーション
メモでしか交流出来ないわけじゃないだろうけれど、本当に話しかけてこない。逆にこちらから話しかけると不愉快になるくらいに興味のない事のウンチクを長々と語り始める。自分が知識人とでも言いたいのか、自意識過剰なのか負けず嫌いなのかもしれないが、誤った点を突かれるとエスカレートしていく。口癖は「俺なんかなあああ!」

・社内で商売
缶コーヒー、生卵などスーパーの安売りで買って来ているようで、空き缶に値段を貼って買わせている。また、自宅から不要になった物を持ってきては値札を付けて置いていく。誰も要らないので放置されたままとなるが、最終的には「Free」とか「無料」と書かれている。類似する行為として、会社の共用(他社含む)の炊事場で料理を作る。それを有料で他者に勧める事があった。もちろん赤ペンで「カレー一皿100円」などと。当然注意され、それ以来しなくなったが。

・無駄に行動派?
本人としては必要があって整理したり掃除をしている。それは良い事なのだけれど愚痴の独り言を言ったり、わざとらしく許可を取るかのように私に言ってくる。年長者だし、細かい事は下の者にやるよう言えば済む事なのにしない。だったら、何も言わずやれば良いのに。
暇なの?、暇なんだね。

・所かまわずガス爆発
自分の席で、他者が居ようが話をしている最中にも大きな音をたてて屁をする。時にひねり出すように長く。私の席は反対側のかなり離れた場所なのだが、ここまで聞こえる。一人だけなら問題ではないが、社内のそんなに離れていない席にも仕事中の女子がいるにも関わらずだ。モラルやマナーが欠けていると言われる中国人でもそんな人とは出会った事が無い。トイレに行け!

実は以前、初めてお付き合いをする会社へ訪問し、打ち合わせをしている最中にもやらかしている。
漏らした瞬間、出た言葉、、
「あ」じゃねーよ!

本人曰く、細かい事、他人の事は気にしない、だそうだ。それは確かに健康には良いだろうけれど、絵描きとしては繊細さが欠如しているとしか思えない。それは仕事の絵にも出てきて、あからさまな手抜き、飛ばしが目立つ。そんな人とは私は一緒に仕事をしたくない。描けなくて、苦労して紙が真っ黒になっている新人や若手の方が努力しているのを感じて応援したくなる。

・出社後、行方不明に
出社時間は午後の比較的早い時間なのだが、乗ってきた自転車を置いて出かけてしまう。戻ってくる時間はバラバラで、遅いと夜10時をまわったり。どこへ行っているのか不明だが、たまにネギなどの食材を買ってきたりする。古本屋か図書館へ行っている説が有力か。出社前に済ますという考えはないのだろうか?

・クサイ食事
これが一番きつい。外出から戻ってくるといきなり食事の準備を始める。何を食べているのかはわからないが、臭いのきっつい物を食べているようだ。美味しそうな、香ばしい、とは違う、食欲を減退させる物だ。それは電子レンジを何度も掛けているので臭いはフロア中に広がっている。漬物?、なんで外で食べてこないの?、それだけ長時間なら家で食べて来られない?

以前はキムチ+納豆+ネギなどの最悪な組み合わせが多かった。さすがに周囲からも不評で注意されて食べなくなったが。ちなみに外食する姿は一度も見た事がなければ、他者におごる、といった事は一度もない。会社は稼げない新人さんのためにお米を無償で提供している。それもこの人が食べているようなのだが。

・トイレにも!
上と同じ臭いがトイレでも充満している。たまたまこの人がトイレから出てきて仕事場に入ってきた時にすれ違い、体からその臭いが漂っていた。電気代の節約のため、トイレの換気扇は出てきた時に切っている。それで臭いが凄まじい事になってしまっている。それにしても便が服や体に染み付くほどの悪臭、それだけ臭いの強い物を食べ、それが消化出来ていない、という事か。

・寝ている?
食事後、しばらくすると静かになっている。漫画雑誌(他人が買った物)を読みふけっているか寝ているようだ。きっと外出でお疲れなのだろう。

・深夜のクサイ食事
深夜、1時半~2時半頃にかけて再び。同じ物を食べているようだ。夕食の臭いも消えぬうちの二度目とあってこの臭いは耐え難く、私は窓を全開にし喫煙しに外へ逃げる

・帰宅
早朝4時、遅いと5時頃まで居残り。ベテランなのだから仕事だけに専念していれば早く終えて帰れるものを。一人だけ、フロアの奥の死角に席の向きを変えているので見えないのだが、鉛筆を削る音も描く音もしない。TVを観ていたりダラダラと進めているだけのようだ。

・皆勤賞
そんな物はない。しかし、この方は日曜だろうと祝日だろうとやってくる。そしてやっている事は平日と同じだ。習慣化されているのだろうけど、家でやる事がないのだろう、とか公共料金節約、という見方もある。こればかりは本人にしかわからない。。。


数ヶ月前に一度に多くの人間が辞めた。他社へ行った者がほとんど。理由は人それぞれなのだが、このような上司がいる事で失望する者も、他社への憧れもあったのだろうと思う。当時の大勢いた頃ならば、この老人に出て行ってもらう事も場合によっては可能だったのだが、今は広いフロアに5人ほどしかおらず空席だらけ。さすがに何らかの理由を付けて追い出すのは無理だ。部署を一旦畳み、必要な人だけを再召集する位しかなかろう。

こんな愚痴を書くくらいなら本人に直接言えば?、と思われるだろうけれど、実はそれは何度もやっている。しかし、本人は”叱られなければ何をしていても自由だ”と思い込んでいる節がある。年長者ゆえに自分の正しさ、言い分のような物もあるのだろう。頑固でもある。最終的に社長からの伝言という形でも注意したが、それもダメだった。きっと社長が本人に向かって「明日から来なくて良いよ」と厳しく言われなければダメだろう。なんだろう?、この中国人に対する付き合い方と共通する物は・・・。

他には先のエントリーで書いた、新しい仕事への関与で先方の会社に席を借りるという手もあったのだが、遠い事と体調への不安で現状維持となっている。それでもこの先ずっとこのまま、というのであれば、何かしら考えなければならない。

それにしても一般的な企業、会社、バイトでも良い。そういった事を経験してからこのアニメ業界を観てみるとあまりにも非常識な、異常な人が目立って多い事に気付く。自分も人の事は大声では言えないが、人の上に立つ、年長者、ベテランと呼ばれる人ならば、せめて見本となるように頑張って欲しいと思う。もしもその姿がみすぼらしくとも、尊敬に値しなかったとしても、仕事内容、絵だけでも凄い物を上げられる人であって欲しい。今までそういった尊敬出来る先輩がほとんどだった。この方のように、その両方が欠如していたなら?、、、仕事はご自宅でどうぞ、と。


関連記事

カテゴリ:謎のひとりごと
Back | Top Page | Next
Comments
2015/10/06
from 野苺ロビン #EBUSheBA URL
私は介護士ではないので、ボケ老人の世話は出来ないのです(´・ω・`)
私は何時、その言葉を上司にぶつけようか、考えている所ですw
(一応、私の方の問題な人は、今週末で辞めるそうなので、まぁ、上司に言ったらギャグ扱いになりそうですが・・・)

格好に関しては、私もかなりだらしないので、少しは気にすることにしようw
(真冬でもサンダル履きw)
[ 編集/削除]
2015/10/07
from マーちゃん(うじゅら) #jYbOzkUY URL
野苺さん、毎度コメントありです。

まあ、この手の変人はどこにでもいるのは確かで、どうやって上手く付き合うか色々試すものの、何ともならない場合もありますね。

自分の場合、過去に色々と問題があった会社にいて、日々起こる面倒な出来事や人付き合いが嫌になってフリーとして自宅でやっていた時期がありました。

現在は完全な社員扱いではないのですが拘束料が発生しているので、辞めてしまうと本当に完全歩合となるため、簡単には辞められないのですw
それに面接から面倒を見て、せっかく残ってくれている新人さん達を置いて辞めるのは無責任だと思ったのです。


身なり、自分も適当ですよw
[ 編集/削除]
2015/10/08
from ゲストちゃん #- URL
常識はずれな職人さんはその変わりに仕事が凄い!とかだったりする物ですが
そのケースじゃなかったりするのねw
[ 編集/削除]
2015/10/08
from マーちゃん(うじゅら) #jYbOzkUY URL
ゲストちゃん、コメントありがとうです。

そうなんですよねえ、そういう人に限って凄かったりする場合がありますが、この方は残念ながら。

昔から作画監督をやっていた方なので、最低限の技量はあると思うのですが、センス的に古いのは良いとしても、一原画マンとしてはあまりよろしくない。

本人が作画監督を担当する場合にはそれなりにコダワリはあるようです。つまりは原画マンとして仕事をしている時には「直すのは作画監督がやるからいいや」みたいな妥協が見えまくるのですw

ならば、ささっと仕上げて帰ればと思うのですが、変えるつもりもなく遅い出勤、ダラダラと” ながら仕事” 、遅い帰宅となっています。まあ、自分も含めて周囲の全員が昼型に近くしてしまえば、不快な思いも減るはず(^o^;)
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |