TOP完成!


完成!
tora20161027_1920.jpg
電脳三姉妹。

ちょっと大きめの1920×1920。前に書いたとおり今回は鉛筆で清書した線画3枚をスキャン、二値化に近い状態までトーンカーブをいじってみた。あえて線修正はしていないので線のはみ出し、途切れやカスレが見えると思う。着彩自体もグラデーション処理はせず、特効も軽く掛けてセル画風にしてみた。絵柄は当時の設定を見ながら出来るだけ再現してみたが、影の付け方などは最近の作品風にした。

失敗点は・・・、
前のエントリの物と比べればわかると思うけど、各パーツの線抜け、サイズ間違い。左のプリムラは胸元のパーツが小さすぎたので被せレイヤーを作った。特に奥に居るマーガレットが大きすぎたため、右のリリィと共に着彩が終わった後に縮小している。色々といじりすぎたのでシャープさが少し損なってしまった。



続きにこの作品に絡む、個人的な気持ちのお話。
 


続き。

ここからは個人的なお話。
この作品は大変お世話になった方々が関わられ、そしてお亡くなりになられている。当時いた会社の社長、美術監督様、色指定様、そして声優様。美術監督とは一緒に香港とシンセンに行った時、自分が昔、背景志望であり18歳の頃にスタジオを訪ねた事を伝えた。それで大変感心していただいた。色指定様は数多くの作品で素晴らしい色彩センスで綺麗に仕上げていただいた。当時はデジタルではなくセル画だったが色々無理を言ってしまった。特にこの作品では全てのビジュアルがCGではなく、ゼロックスを使用したセル画だった。その反動からか以降の私は色は担当の色指定様に全ておまかせしている。そして、社長。お亡くなりになる直前まで私の画集を出したかったらしく、それを後で聞いて涙が出た。その気持ちを蔑ろに私は中国へ旅立っていたからだ。この作品が原因というわけじゃないけども。お墓参りに行きたいところなのだが、時間も取れず遠いためもあってなかなか行けない。それが今でも続いている悩み。今更ながらかもしれないが、ご冥福をお祈りします。

野苺さんのブログにコメントしたネクタイの話題で、礼服のコメントの下りはこういった理由もあるのです。揃えればお墓参りなどに行けるかもしれないけど、行かなきゃという気持ちは強くなるし、どれだけ月日が経っているんだ、親戚の墓参りも行かずに何をしている、というネガティブな気持ち。
関連記事

カテゴリ:
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |