TOPモバイル・PC・玩具懐かしい物


懐かしい物
GPD WINにFM TOWNSIIエミュレーターを入れたいなと思ってCDを探してみた。

20170309_174921.jpg
システム・ソフトウェア。

20170309_174944.jpg
Windows3.1セットアップCD-ROMw
当時、他のPCでのインストールはFDが多かったと思う。苦労してインストールしてたのを思い出す。

20170309_175023.jpg
初めて触ったLinux。3枚組で当時は入手するのが大変だった記憶が残ってる。
CDS起動だとモッサリしてたと思うが、初めて動いた時の感動は忘れられない。
Linux自体はこの後、2004年頃のUbuntuまで触る事はなかった。

エミュレーター、調べてみたら実機が必要、もしくはMS-DOSのディスクが必要との事。実機は深い所に眠っていて出すのが大変、色々面倒そうなので、またの機会に、かな。このGPD WINでTOWNS-OSが起動したら結構嬉しいのだが、今更ゲームをするわけでもなく、CGツールを使って描くのも逆に面倒だしなあ。レイヤー機能なんかないのが多かったし。あ、実機がサルベージ出来れば、当時描き貯めてたCGも発掘出来るな。ある程度はMOに逃してたが、今はMOドライブは高価過ぎて買えないので読めないがw

関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments
2017/03/24
from 野苺ロビン #- URL
TownsOSは今でも我が家にも有るな・・・w

最初がGUI画面のTownsだった事もあり、CUIのLinuxは敷居が高く、最初はFreeBSD2.2.8で、LinuxはVineLinux1.3からだった気がする。
[ 編集/削除]
2017/03/25
from マーちゃん(うじゅら) #jYbOzkUY URL
野苺さん、コメントありです。

あの頃は結構TOWNS使いは多かったように思います。
確かにGUIでやれるものは少なかったし、FDとかファイルメンテなどを使うしか
ファイルの管理やらは出来ず、DOS画面では苦労していました。

Linuxについては古いPCを蘇らせる手段として最近ちょっと考えている所です。
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |