TOP近況現状報告


現状報告
ここまで忙しく歩き回り、悲しみに食事も喉を通らず、眼を瞑れば浮かぶ母の顔や声、一睡も出来ず
というのは生まれて初めての経験であり、それはまだ暫くは続くのだろう。
経験者に言わせれば、この忙しさが落ち着いたところでもっと悲しみは強まるという。

幸いなのかはわからないが、私も弟も既に良い歳であり、多少なりとも耐性は付いているはずだと思う。
それでも今は涙が止まらない。
何をすべきか、わかっているはずだが、それすらもわからない位に悲しい。
母ちゃん、俺たちはどうしたら良いんだ・・・。

最後に会ったのは奇しくも母の日だった。
贈る物もなかったので、前日にたまたまクジで当たった髪用のトリートメントをあげた。
私も弟も既に頭髪は短くし、薄くなっているので不要な物だったからだ。
こんなつまらない物なのに「ありがとね」と喜んだ母の顔が先日の事だけに強く脳裏に刻み込まれている。

若い頃から親不孝の連続。アニメーターという食えない仕事を選んだがための貧困。
長年の努力がようやく実を結び、「さあ、これからだ!」という時の出来事だった。
贅沢や派手な生活をさせたいとは思わないが、せめて人並みのささやかな親孝行はしてあげたかった。

昨日、東京都監察医務院での行政解剖の結果、「死亡原因は急性大動脈解離とみられる」
亡くなる前日夜に胸周辺の違和感という前兆はあった。
その時に適切に対処していれば、こんな事にはならなかったはずだ。
私も母と同居している弟も自責の念に駆られている。

やらなければならない事が多過ぎて今は泣いている余裕もないはずなのに、何かにつけ母を思い出しては溢れる涙。
幼い頃からどんなに悲しい思いをして出る母の口癖だった「泣くな!」という言葉を噛みしめ、必死に止めている。

31日に直葬。母の顔は何度か見ては辛過ぎて、直視も出来ずその場で涙を抑える事が出来ない。
その後は遺品整理などでしばらくの間は弟のアパートに滞在するか、頻繁に行き来する日々が続くと思う。


野苺さんへ
コメントありがとうございます。

誰しもが経験する事とはいえ、知人や親戚の数回しか体験しておらず
この歳になって母親を失い、改めて知らず知らずのうちに大きく依存していたのだと実感しています。
また、前もってこのような事態に備えての相談を一切してこなかったのを後悔しています。

母の死因が完全に確定された状態ではないのですが、自身にも起きうる事とし
これを教訓として気を付けたいと思います。
何度か喫煙者でもある母なのに「タバコを吸い過ぎんなよ~」というのがそうですね。

家族は私と弟の二人となってしまいましたが、母の分まで頑張って協力して生きていきたいと思います。

先日のエントリーも含め、改行が見辛くなって申し訳ありません。

関連記事

カテゴリ:近況
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |