FC2ブログ

真夜中に不用品処分

昨日は体調を崩して夜まで寝てしまった。出社したところで朝まで作業するのは厳しく、再び夜中型になるのも嫌だったので休む事にした。仕方がなくゴソゴソと部屋の片付けを始めてみる。まずは明らかに不要な物をゴミ袋に突っ込む。

幾つか未開封のオモチャ(ミクロマンなど)が出てきたのでまとめる。先日も幾つか会社の動画マンにデッサン人形代わりにと譲ったのだが、これをまた追加であげよう。以前は異常なまでの執着と収集意欲から、中国に行っている間も友人に代わりに買ってきて貰っていたものだ。それが今は必要のない物だと割り切れている。売れば、それなりになりそうではあるがお金が目的ではないので構わない。逆に食えない動画マンが売っても良い位なんだ。

母の死以降は物欲がパッタリと止んでしまった。上で書いたオモチャだけでなく、これまで再び中国へ行って活用する事を目標に集めていたモバイル機器、自宅PCの周辺機器、仕事にも使えるお絵描き道具関連もそうだ。今は何を見ても「ふーん」と全く興味が湧かない。ゲームも娯楽も今は必要ない、そんな気持ち。しかしこのままボケちゃいけないから、ある程度の整理が済んだら、また色々と始めようとは思う。

物欲が消えた原因は悲しみによる心理的な物だけではない。私も弟も持ち家ではなくアパートなので、引っ越しの荷物になるし自分もいつどうなるのかわからない。だから出来る限り物を減らしたいと思うようになった。母の死後、部屋にあった遺品を整理していた時、色々な物がゴミとなった。特に衣服は多くて大きなゴミ袋にして14個を超えていた。母は人から貰った物は滅多に捨てなかったためもあるのだろう。これらは古布リサイクルで持っていくには多過ぎて、集積場へ持っていくのも大変なので心の中で「母ちゃん、ごめんよ」と謝りながらゴミとして出すしかなかった。もしもの時に自分の部屋を片付けて貰う時に余計な思いをさせたくない、そんな気持ちが強くなった。

前にも書いたように私はミニマリストにはなれない。それでも必要最低限+趣味の物少々、というのが良いように感じている。母が亡くなるまでは物に囲まれていた生活で収拾が付かず、汚部屋と化していたのも母の死という精神状態に二重のダメージとなってしまっていた。それをそろそろ断ち切りたいと思っている。元々マイペース過ぎる性格なので一気には片付かないだろうから、ゆっくり進めたいと思う。


余談だが片付けと掃除をしながらIQOS、プルーム・テックといったヤニが出ないタバコの効果を実感。当たり前かもしれないが前回掃除した所が全くヤニ汚れしていない。これなら残ったオモチャやフィギュアを飾れそうだ。これは嬉しい♪

関連記事

コメント

非公開コメント