TOPモバイル・PC・玩具新しいケータイ


新しいケータイ
カテゴリ的には玩具じゃないんですけど、一応(^_^;)
※7/7 19:30記事訂正

ケータイを買い換えました。
今まで使っていたケータイはソニーエリクソン製でシンプルながらも、ピンイン入力が簡単で一文字入力すれば、予測される次の文字が表示されるという親切設計。しかも赤外線ポート付きでPocketPCからのファイルを受信し壁紙を替えたりと、なかなか便利でした。
・・・が、最近は電源面で問題が起きてしまい、電話が掛かってくるとたまにフリーズ、電源を入れ直さないと直らない。その度にSIMカードの再読み込みで3分ほどかかるという状態でした。

今回購入したのはMotorola A668。詳しくは下にURLを載せたので、興味のあるかたはどうぞ。日本国内でも購入出来るようです。(かなり高いけどね・・・)

商品ページ(香港/英文)
http://www.motorola.com.hk/eng/motomobile/a/a668/default.ASP

3G/GSM携帯電話のモバイルアウトレット
Motorola A668のページ
http://www.mobile-outlet.com/motorolaA668.htm

SANY0075s.jpg
SANY0076s.jpg

前機種(ソニエリ)との比較
若干以前の機種よりも縦に長く、厚みも日本のケータイに比べると厚いのですが、意外にコンパクトです。
SANY0077s.jpg
SANY0079s.jpg
SANY0080s.jpg
キーボード部とサイド
機種下部にUSBポートがあります。大半の機種は充電用の端子にイヤホンマイクを付ける事が可能ですが、独自規格が多くて汎用のイヤホンジャック式の物が付けられないのですが、この機種では日本と同様の方式でした。

SANY0081s.jpg

カメラ部
えーと、オマケですね。カメラを持って無い時にちょっと撮る、みたいな。私はデジカメを携帯してるのでほとんど出番は無さそうです(笑)

まだSIMカードを載せ変え、充電が終わったばかりなので使い勝手は何とも言えませんが、手書き入力が良い感じです。手書き・・・というと液晶がタッチパネルの物を想像されると思いますが、この機種、実はキーボードのボタン上が感知する仕組みになっています。ピンインのわからない漢字でも、ささっとキーボード上に指で書けば候補の漢字が出てきてくれます。

カメラは・・・というと、1.23メガピクセル、最大1280x960の画像。ちょっとした撮影には使えそうですがメモリを圧迫します。しかしながら、PCとUSB接続して画像を残せるのはメモリカードの無い機種にとっては嬉しいものです。もちろん画像や着メロもOKでした。なお、USBからの給電、充電については不明。

以上、中国でのケータイのお話でした。
日本国内では京セラ初のAIR-EDGE PHONE『AH-K3001V』を使用しています。が、残念ながら長期不在なので活かせないのが辛いところ。基本料金も停止中とあって若干安いけどかかってるし。

訂正個所:
内臓デジカメですが、128×96ピクセルが最大撮影サイズと勘違いしていました。あくまでも初期設定での値です。これは設定の切り替えで可能になります。また、USBからの充電も可能なようです。

関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |