FC2ブログ

クリーンノート Kaite

クリーンノート Kaite(PLUS)
※リンク先は改良された新製品。

電力も要らず、半永久的に使えるという事で購入。お絵描きに使えるか早速試してみた。

kate_20191214.jpg
かなり薄い。筆圧を掛けても滑らす程度でも変わらず。また、重ね描きでも線が濃くなる事はなかった。ペンを寝かせて書けないので実際の鉛筆のようにはいかない。線が交差する部分は先に書いたところが薄くなる。塗りつぶしは綺麗にならない。そういった性質上、デッサンには向かずクロッキー程度には使える。細い方のペン先は筆圧による線の強弱は少しだけ出ているように感じる。

視差とかズレ、遅延がないのでダイレクトに書いている感覚はタブレットとは大きく違って快適。手ブレ補正もないし、描き手の線そのまま。直線や曲線は定規が使える。薄さはグレーの色鉛筆に近く、少しボケるので柔らかい印象。

kate_20191214_hosei.jpg
スマホのアプリが上手く取り込めなかったため、A4スキャナーで取り込み、補正を掛けたもの。使いようによってはアタリ(下描き)には使える。

本体の大きさはA4サイズ。書類ケースに入れる事などを想定して設計したのだろうけれど、書ける部分は小さいのが個人的にマイナスな感じ。少々大きくなっても書ける面積がA4だと嬉しかったのだが。

書き心地は確かに紙に近い気がするが、ボードの表面がテカテカツルツルなのと完全な平面ではなく薄いフィルムを周囲だけ貼り付けたようにたわんで浮いている。付属のペン先の細い方は特殊で構造上、どうしても筆の入りのところでおかしくなる。本体自体は大変薄く軽量ではあるが、紙のように透過台に乗せて透かせてトレースするような事は出来ない。コンセプトとその仕組みでバックライトも内蔵出来ないだろうなあ。


ありきたりの感想で申し訳ないが完全に紙の代用にはならないと思うけど、ちょっとしたメモとかには便利かと思う。Amazonのレビューにもあったように1000円位なら納得出来る値段なのだが、ちょっと高い。

不満を書いてしまったが、これが自分の子供の頃に出ていたら凄く喜んで落書きしてただろうなあ。似たコンセプトの玩具はあったけれど、私は興味がなかった。これはコピーをとったりスキャンするなり撮影しないと残せないので子供の思い出や成長記録的な事には使えないだろうけど、お絵かきや文字書きの練習に無駄な紙を出さずに済むし良いんじゃないかと思う。Amazonの商品紹介の写真、子供が落書きしている様子は思わずニッコリしてしまう。耐久性だけは心配だけど。

さて、これを自分が活かすとしたら、打ち合わせでのメモ、アイデアスケッチ、タブレットを持ち合わせていない時のラフ画辺りかな。年末、毎年社内の大掃除で自分の席でも大量の下描きやらメモのゴミを出すんだが、これを使って少しでも減らせると良いな。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ホームセンターで似たようなヤツ(と言っても明らかに小さい)が1,000円程度で売られていて、メモ帳代わりに使えなかなと考えたけど、いちいち専用ペンで書くのは煩わしいって事で断念。代わりにスマホアプリでフリーハンドで書けるメモ帳を入れてみたけど、これも扱いづらい。結局、紙のメモ帳が一番便利だったという・・・(; ̄ω ̄)ゞ