TOP杭州日記杭州首届国際動漫交流展


杭州首届国際動漫交流展
11/19~23浙江世貿国際展覧中心にて。



きっかけは近くの大型スーパーで見たポスターでした。中国に滞在していて、こういう機会は少ないだろうという事で行ってみました。幸い会社から歩いてでも行ける距離だったのですが、面倒なので会社の車で。二日目はタクシー(10元)でしたが。会場がちょっと分かりづらい場所だし、日本と違ってひとめで分かるような連中も歩いていないって事で意外と辿り着くのには時間を要しました。


会場外観

イベント等で使われる場所ですが、会場の名前といい、どこかで見たような感じの建物ですね(笑)。ここから左に回りこむと豪華な高級ホテルがあります。


会場入り口横




会場の見取り図

中文の上に小さくて見づらいかもしれません。移動が全てエスカレーターです。実は4Fがコスプレの会場なのですが、チケットは1Fで入場料(20元)とは別に買わなければなりません。

1Fは子供の遊べるスペースで空気で膨らませた巨大な滑り台や遊具があり、PCを配置してネットゲームが遊べる場所もありました。ゲームは残念ながらDOOM系の典型的な3Dのシューティングしか見かけませんでした。他にも飲食出来る出店やプリクラなんかも。


会場の様子

客層は小さな子供と同伴の大人、大学生あたりまで。同人誌即売がメインとなっている日本とは全く違っていて、どちらかと言えばコスプレ少々のイベント+複製原画の展示会、サイン会といった感じでした。


2Fはグッズメイン

漫画雑誌、ヌイグルミからコスプレ衣装、携帯電話のアクセ、フィギュア、ガシャポン、プラモ、CD、VCD、DVD・・・と何でもありの企業ブースがメインの会場でした。二日目にはこの階でNARUTOのカレンダー、ROの6ヶ月カレンダー付きポスターを無理矢理買い(本当は非売品?)、。 あ、それだけか(^-^;)。ROのソフトも30元で販売していました。いくつかのお店でポリン系のクッションも多量に扱っていました。大体36、37元位。コミックや日本の本も扱っているコーナーもあったけど、入場には料金が必要でした。


3Fギャラリー&著名作家のサイン会

ギャラリーは原画を展示しているのではなく、複製、拡大プリントされたパネルの展示がメイン。サイン会もしてたけど、うーん、さすがに作家さんは分からないし、長蛇の列、並ぶのも有料、凄い混雑だったのでパス。 ・・・って、入場料払ってるのにやけに別途料金が必要なのって多くないか?(^o^;)

4Fコスプレ関係(写真なし)

残念ながら混雑と有料のおかげで撮影していません。日本から来たコスプレイヤーの姿も見ていません(汗)


おまけ


アコプリ?



ガシャポン・・・



会場外で見かけたコスプレ集団w



この方は残念ながら知らないんです。すみません。



結局、このイベントで買った物はポスター4枚、カレンダー1つ。そして終了間際で無理矢理お願いして貰ったポスター位でした。グッズ等も興味はあったけれど日本と同じ商品があったり、お値段も変わらず高かったりしたので・・・。コスプレに関しては・・・まあ、あれだ(謎)

関連記事

カテゴリ:杭州日記
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |