TOPモバイル・PC・玩具W-ZERO3


W-ZERO3
児玉さんのmixiにもレスしましたが、あまりに感動が大きかったのでこちらでも書きたいと思います。

W-ZERO3:シャープ

【詳報】ウィルコム、Windows Mobile採用のコミュニケーション端末『W-ZERO3』を発表──マイクロソフトも新市場開拓に意欲

以前、AirH”と呼ばれていた頃のCF型PHSカードをPocketPC GENIO e550に挿し、通話などをしていた頃がありましたが、結構不便な事もあって現在はAIR-EDGE PHON、京セラのAH-K3001V、PocketPCを別々に使用しているのです。PocketPCと携帯電話の融合は海外では多く見られていましたが、国内では初めてかと思います。

長くなるので、読みたいかただけ続きをどうぞノシ

続きw

上にも書いたとおり以前はPHS音声端末を1台、データ通信用に1台を所持していました。案の定、料金は1万円を下回る事は無く、財布に厳しい状態が続いていました。

PCカード型PHSカードでの音声通話はノートPC『AMiTY cn』の頃にもやっていましたが、本体の電源を入れておかないと呼び出しが出来ず、しかもイヤホンマイクが必要でした。もちろんバッテリももつはずも無く、ずっとコンセントに差して電源オン状態。はっきり言って実用性無し。外でノートPCを抱えながら通話するその姿はかなり怪しかったと思う(笑)。あの頃は電波状況が良くなくてコイツを持ちながら江古田を徘徊してたっけ。

PocketPCに乗り換えた時には通信カードも買い換えたため、これもチャレンジ。結果は呼び出し音が低い、振動機能も無いので着信に気付かず、当然バッテリが1日ももたず、という事が度々あったのです。また、通信中は着信出来ませんでした。そしてGENIO e550は内臓バッテリ。交換で結構高くついたし、メーカーに送らなくちゃいけなかった。

そんな事もあって、結局2台のPHSを所持し続ける事となっていましたが、それも最初からUSBケーブルが付属、ブラウザを搭載したAH-K3001Vを購入した事でPDAでの通信を諦めたのです。無理に外で通信する必要も無いじゃんって。

という事で、PocketPCと携帯電話の融合はずっと夢見ていた事だったんです。こちら(中国)に来てから、携帯電話型PocketPCをよく見かけます。お値段は結構高いんですけどね。これ以上の説明は長くなるので詳しくは書きませんが、お値段的に過去のハンドヘルド型WindowsCEマシンよりもお買い得だと思います。私の場合は国外なので当然圏外。でもPDAとしてはじゅうぶん役立つのです。ちょっと位大きくても、いつもバッグを持っているし環境は整っていませんが無線LANも使えるし。そろそろGENIO e550の内臓バッテリも交換(有償)の時期ですしね。

ともあれ、12月が楽しみ!
帰国するのは11月中と・・・、その2、3ヶ月後になりそうだけどorz
関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |