FC2ブログ

話題が無いなぁ・・・

ここのところ暑かったり寒かったり。突然の雨でびしょ濡れになったみたり。風邪は・・・大丈夫だけど、体調が崩れ気味だったりします。ちょうど今の季節は街路樹からタンポポの綿毛を小さくしたような物が飛散していて、目に入ると強烈に痛いのです。ここ杭州には杉は無いので花粉症の人には過ごしやすそうだけどw


会社に置いた無線LANのアクセスポイントは快調に動いているけど、昨日は社内ネットワークが不調だったのか、WEBページ閲覧が出来なかった><;

無線といえば、会社の人が購入したレノボのタブレットPCで不思議な事が。私の無線LAN機器を動かしていない時に、どこかと繋がったらしくウィルスや侵入があったらしい(汗)。どこの電波を拾ったのやら・・・。ちなみに、無線アンテナの感度が良いのか、このタブレットPCは隣の部署の端まで電波を拾ってた。ウチのW-ZERO3はせいぜい隣の部署の入り口までだった。次回、帰国したらアクセスポイントをもう1、2個買ってこようかな。社内のどこからでもアクセス!ってのは良いですからねえw


あ、今後の帰国スケジュールが見えてきたので、大体の予定を書いておきます。

6月中

・・・まだこれだけです(^o^;)
きちんと決まったら改めて書き込みます。





さて、例の如くあの話題の経過を。
興味のある人だけ読んでください・・・。

続き。


・・・春だというのに、別れを迎えそうだ。

というのも、2月頃から二人の女の子に声を掛け、付き合い始めたが前回書いたとおり、未だに恋人同士という関係には至っていない。

一人は今も食事に一緒に行っている。性格的にもかなり合っている。もう一人は社内に入ったものの変に噂が立ってしまい、話し掛ける事も困難な状況が続き、メールも電話も無く離れたままだ。


別れを迎える、それは前者。性格が良く、意思の疎通も出来ている。互いに貧しい家庭に生まれ育った事、体が弱かった事、再会した時は互いに失恋直後だった事も大きい。しかし私は、彼女との年齢差があまりにも離れているため、結婚は無理だと考えていた。20歳もの年齢差を埋める事は不可能だし、私自身が気にしなくても彼女や彼女の両親にとっては重要な事だろう。年齢的にもまだ遊びたい盛りだ。それに、別れると書いたが冒頭で書いたように未だ恋人になってはいない。ただの親しい友人だ。いや、相手にとってはただの中年客でしか過ぎないのかもしれない。

ただの客、それを実感したのは付き合い始めてすぐの事だ。彼女は日式カラオケに勤めている。度々食事をしているが、これは定期的な物。私が彼女と食事をしたりデートをする日は決まっている。それ以外の日は、というと別の客の相手をしているらしい。店の規約では、出勤時刻は19時。だが、客を連れてくれば21時までがOKとなっている。

そして彼女と食事した後は決まって店に行く。客を連れてくれば、客一人あたり幾ら、という手当てが付く。彼女らは1ヶ月に二日間しか休みが無い。休みの少なさは当然彼女自身のプライベートな事に費やされるのだが、残念な事に休みの日に私が彼女と会う事は無かった。

平均的とはいえ、それなりに高額な料金もあって、行く事を渋ったりもした。その事が彼女にマイナスな印象を与えたのか、その日以来会う機会も減少した。それが私を客としか見ていない、という事を裏付けるものだった・・・。

もう一つは、幾つかの疑問が私の心に生じた事。彼女は寮で4人暮らし。以前、TVもDVDも無い事を聞いていた。しかし、先日会った時はMP3プレーヤーを持っていた事、TVもDVDも買ったのだという。いくら水商売といえども、これほど急激に生活が潤うとは思えない。特にMP3プレーヤー。最近は直接オーディオ機器に繋いでダイレクトに録音出来る物が増えているが、未だ中国の市場で見かける物にはその機能を持つ物は少なく、PCが必要だ。となると、誰かしらPCを持つ友人、または日本人の友人でも居るのか。派手に金をバラ撒き、下心丸出しで下半身直結なスケベな日本人客も多い。彼女ら4人暮らしの寮、例え閉店後に客と一緒に帰宅、連れ込んでも黙認だろう、、、と邪推してしまう自分が悲しい・・・。


確かに彼女と一緒に居る時は楽しいものだ。だが、これ以上は進展を望めないし、強要する事も出来ない。友達として付き合い続ける事は可能でも恋人が欲しいと願う今の私には心が痛み、出費が嵩むだけだ。最近では上で書いたような疑念も出てきている。

次回、彼女と会う時には彼女の気持ちを確かめ(当然付き合う気はないだろう)、潔く彼女の元を去るつもりでいる。彼女が好きだ、というこの気持ちがこれ以上大きくならないうちに、心に受ける傷が小さいうちに。そしてこの事がしっかり片付いてから、再び関係が冷え切っているもう一人の子に声を掛けてみたいと思う・・・。


このエントリを書いている今、近所の幼稚園で季節はずれのクリスマスの曲が流れている。

・・・春なのに、自分にとっての春は未だ先なのだな・・・。

関連記事

コメント

非公開コメント