TOP杭州日記W-ZERO3、フルリセット


W-ZERO3、フルリセット
最近、アプリを入れ過ぎていたってのもあるけど、不安定になる事が多くて背面のリセットスイッチのお世話になる事も。なので昨日思い切ってフルリセット、アプリの入れ直しをしたのです。

結果、軽い動作に戻りましたし、安定性も取り戻せました。こういった事はケータイじゃありえないんだけど、以前からPocketPCを使ってたので慣れっ子になってた。でも、一つだけ大きな失敗を。それはアドレス帳のバックアップをしてなかった事。Outlookも入れてないんで、そこから持っていく事も出来ず手打ちのデータが全て消えてしまいました。また手打ちし直しっすか!?(;゚Д゚)


電波が届く訳でもなく、ただのPDAとして使ってるワケですし、いつもなら玩具カテゴリに書くところなんですが、そこは杭州滞在の私なので何とか関連付けたいわけで、このカテゴリで書かせてもらいます(汗)。


これを持って歩いてると「大きなケータイだね」って驚かれます。最近は多機能化が進んで中国のケータイも大きめにはなってますが、それでも薄い物かコンパクトな物が主流です。例えるなら、こちらでは腕にケータイを固定するバンドが流行っています。ソフトケースを兼ねていて外す事無くそのまま通話出来るのです。それだけ軽くて薄くて小さい、それが主流なのです。夏は暑そうだけどね(^o^;)

Windows Mobile 5.0搭載の物もありますが、それでもW-ZERO3に比べて遥かに小さいです。お値段は以前も書いたとおり、W-ZERO3は安いとしか言いようがありませんが。コイツが活躍するのはやはりカラオケ店とかかな。女の子達にはかなりの注目を浴びますが、周囲に日本人客も居るので「電波入らないのに、何やってんだ?」「ピッチかよ!」、とわかる人にはわかるんでしょうねぇ(^o^;)


前のエントリでも書いてるけど、コイツを持ち歩くようになってからはデジカメを使う機会が減りました。別に画質を求めているわけじゃないので、スナップや記録という意味ではこれでじゅうぶんだと感じたからです。さすがに夜は暗くてノイズも酷く、ロクな物は撮れませんが、時々ネタ集めも兼ねて撮影してます。今後はもうちょっと楽しい写真を載せられたら良いなあ。

今日も天気が良いし、珍しく早く起きたんだから、コイツをポッケに入れて買い物ついでに散歩してくるかなー。







さて、そろそろあの話題も今回で最後にしたいと思います。
忘れた頃に再開するかもしれませんが、今は・・・。

続き。



先日、会社に居るあの子と話をする事が出来た。8月に受ける日本語二級試験のために電子辞書を貸してくれ、との事だったので貸す約束ついでに長話をした。

良い機会だ、、、そう思っていた・・・。


・・・告白した結果は、見事惨敗、、、と言うしかない。家族が外国人や同じ省以外の男性との結婚を許さない事、彼女は口には出さなかったが、私との年齢差もあるのだろう。そして何よりも彼女が私に関心が全く無い事実を、この時に知ったのだ。

女の子、紹介しようか?

ほんの少しだが唖然としてしまった。ようやく訪れた会話の機会、それがこんな返答をされるとは。私の精神年齢はこんな事で怒るほど子供では無いが、再会した当時のバレンタインデーのプレゼント(ネックレス、MP3プレーヤー他)を渡し、失恋の経緯も話していたので、少しは興味があるのだと思い込んでいた。それだけに衝撃はそれなりにあったのだ。

思い込み、そう一言で片付けても良いのだが、以前、メールで『話したい事がある』と伝えた事がある。その時の彼女からの返答は『何を話したいの?嬉嬉(←シシ、からかう笑いの表現)』という質問だった。また次回に、と伝えたがその後忙しさともう一人の女の子の付き合いもあり、私から彼女へ連絡する事は無かった。それで痺れを切らしたのか、その二週間後にメールが来た。『何か用?』私はついつい素っ気無い返答をしてしまった。『何でもない!』少し怒ったような文面が返ってきた。もしかしたら、この当時は彼女も何かを考えていたのだろう・・・。

実は彼女と話す前日に会社の人間から報告を受けていた。彼女は誰かと携帯電話で30分以上話していたらしい、しかも相手は日本人の男だった。彼女に思い切って話し掛けた時に、彼女が読んでいた小説は日本人の友人から貰ったものだと聞かされた。当然だが、彼女もまた手の早い日本人の手に落ちていたわけだ・・・。


彼女が紹介してくれる女性は30歳代、日本語が話せて優しい人らしい。悪いが、期待出来ない。理由を言えば彼女を怒らせてしまうだろう。ともあれ、会えるなら会ってみたいが・・・。




春は終わった。訪れる事無く何も無く。そして夏、地獄の季節になる。
明日にでも、私は再び彷徨い歩き始める。
異国の地で自分を支え、愛してくれる、愛する人を求めて・・・。





最後に。

最初の彼女との別れから心機一転、模索の中にも楽しい事があるだろうと日記を続けていましたが、こんなグダグダが続こうとは思いもしませんでした。だけど、それは当然の事かもしれません。日本に居た頃、貧乏な生活(多分、日本で一番所得の少ない仕事ですから)が長く続いていて女性との付き合いも無く、フリーになってからは更に引き篭もり度が激化。自宅から出るのは買い物や銭湯程度、たまに付き合いのある会社を訪問する程度でしたから。そんな自分がこちらに来て大きな夢を抱いたものの、現実という物はそんなに甘い物ではありませんね。

私を知る人も何故、私がこちらで恋人、結婚相手を探すのか不思議がるかもしれません。以前はそんな事を話した事は無かったですからね。理由は日本に居る期間が短過ぎて交際相手が見つからない事。それと物価の違い。日本だと私程度の収入では、共働きしても生活が楽になる事は思えません。こちらなら、彼女一人+子供位なら、貯金しながら十分養って行けます。母も老いてるって事もあって孫を見せたいという願望も出てきたわけです。

今回の交際開始時に、最初の彼女が隠し事をしていた事から”クリーンな関係”を打ち出して交際する女の子に状況を伝えていた訳ですが、相手が二人というのが、一つ目の失敗。そんな状況で女の子が心を許すはずはありませんよね。年齢差を考慮してなかったのも失敗でした。

もう一つの失敗は、やはりスピードが大切だという事。好意があるのなら、素直にすぐに告白すべきだった事。思った以上に中国に来ている日本人が少しでも綺麗、可愛いと思えた女の子には激しく交際を仕掛けている現状を知ったからです。ナンパ師ではありませんが、断られたらその場ですぐに諦めて精神的ダメージも無かった、という物ですよねぇ。

それと、中国の女性が年齢差に関係無く軽く交際を許す反面、親や親戚が厳しく管理し、子もそれに従うという図式。反抗的になり親殺し、子殺しが多発している日本とは対照的ですね。儒教の国では無かったと思うのですが、はて?

今後は今までの事を反省、教訓として行動したいと思います。基本の優しさだとか、紳士的な態度は変えず、積極的になってみよう、と。こちらに来ている日本企業のスケベ連中と同じ外道に落ちたいとは思いませんが(^o^;)


これからの事は私もわかりません。或いは結婚もせず、一生仕事に明け暮れて終わるのかもしれません。しばらくはまだグダグダ状態が続くでしょうし、恋愛日記として続けるには詰まら無さ過ぎますから、この辺で終わりにしたいと思います。長い間、長文にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
関連記事

カテゴリ:杭州日記
Back | Top Page | Next
Comments
2006/05/09
from *秋 桜* #- URL
あまり焦ると、相手選びが
よくわかんなくなってしまいますよ。
つまりは妥協してしまう結果になります。
あまり、完璧なものではなく、だからといって妥協ではなく、
自分にぴったりな人を見つけるのが、
いいですよ。
とにかく、焦らないことです。ひょこっとでてくるはずですよw
遥なんかいまだに、バイトで、彼女いないですからね・・・
あいつをどうにかしてやりたいけどね・・・
[ 編集/削除]
2006/05/10
from マーちゃん #jYbOzkUY URL
lanceさん、コメントありですー^^

そうですね。今は焦りは禁物と考えています。
歳が歳とはいえ、遅過ぎって事は無いかと思いますし。
まだ経済力も完璧ではありませんしね(汗)

そっか、遥さんもか・・・。共に頑張ろうw
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


リセットリセット (reset)とは、機器の動作状態を初期状態に戻すこと。コンピュータゲームなど、ソフトウェアを初期状態にすることに用いられる場合もある。本稿では主に電子回路におけるリセットについて述べる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotatio …
2007/08/06 11:40  カテゴリとしてはエレクトロニクス

| Top Page |