FC2ブログ

無錫リポート

出張先である無錫から帰り、4日が過ぎました。ちょっと遅いけど現地リポートを。

無錫


通信手段自体は着いた翌日から確保は出来ていたけど、会社に入る時間帯が遅い上に作業が忙しくて接続出来なかった。次回はハブ等を用意して確保したい。また、マンションに回線を敷いて貰いたいと思う。


気温は天気予報を観る限り、平均気温は杭州よりも2℃程低く、最高気温は37℃。まあ日中は歩くだけで汗びっしょりになる事には違いない。また、気候自体は安定はしていても突然のスコールのような激しい雷雨になる事もあり、洗濯物の取り込みや窓閉めをする事もあった。外出している時に雨が降る事は無かったので傘は使う事は無かった。

マンションは最上階の6階に部屋を借りた。夏に悩まされる事の多い蚊も、この階までは滅多に上がって来れない。が、さすがにエレベーターも無いこのマンション、一度部屋に戻ると再び外出する気にはなれない・・・。



以下、長くなる&写真付きなので追記としました。

続き。


街の様子
街の印象は繁華街や中心街には行っておらず、会社とアパートの周辺しかわからず。が、思った以上に田舎では無い、田んぼや畑が多いわけじゃないって事位。杭州や以前いたシンセンとは違った感じ。まあ中国だなって風景には違いないw


街の様子2

街の様子3

以前スーパーがあったビル

会社へ行く途中の通り

会社へ行く途中の通り2

マンション裏

マンション裏2

街並み(指が入っちゃった)

街並み2

街並み3(何も無いよ・・・)

会社近くのスーパー。ケンタッキーがある。

果物売りなど

路上市場(?)ニワトリに混じってハトも。
困ったのは会社周辺にはコンビニは2軒しか無く、ファミレス、喫茶店(洋食)が皆無。滞在先マンション周辺はケンタッキー以外、全く無いと言っても良い。会社周辺まで出れば小さな店や屋台は多いけれど、毎日中華料理というわけにはいかない。特に屋台は衛生面で安心出来ない。普通の店で普通に食事をしていても一日中下痢をしてしまったからだ。あの会社のトイレも泣く泣く使用するしかなかった。食材に熱が通っているからといっても安心出来ない。食器をロクに洗ってない事だって多い。92年頃にシンセンに行った頃、あの時はレストランでの食事の直前に自分の使う食器を熱いお茶で洗っていたものだ・・・。

日本料理店は杭州と同じか多い位だけど、どこも一カ所集中(同じ道路に多い)、場所を確認したのは皮肉にも杭州に戻る日。日本語の店が道の両側にズラリと並んでいる。日本料理店を幾つか見たけど、ほとんどがパブやスナック。日本人街という感じではなく何か怪しげで異様な雰囲気。表立ってある訳では無いが、どことなく風俗街といった感じで、毎夜のように日本人男性と中国人女性との性的交渉が繰り広げられているのだろう。経営者はほとんどが中国人らしい。ここに来る、もしくは周辺に住んでいる日本人が多いという事か。



滞在先マンション

マンション2

マンション部屋内部

マンション内部(2F)

マンション・トイレ&シャワー
滞在しているマンションは会社から歩いて20分少々。行動範囲を広げるために翌日、自転車を購入。アパートは2階構造。2階へ上がると小部屋を含めると3部屋、トイレ&シャワー付き。これは初めて見た時は驚いた。さらに、最上階なので屋上付き。これで月1400元(約2万円)は安い!


川

川2(ムービーから抽出)
窓から、屋上からの景色は素晴らしい。側に高層建築物など無いから遠くまで見通せる。近くには川が流れており、時折船が通る。海辺や川のある街で暮らした事の無い私にとって、それは何故か懐かしく、そして新鮮な感じがした。

屋上からの景色

屋上からの景色2

屋上からの景色3

・・・しかし、6階(1Fは駐輪場なので実際には7F)なのにエレベーター等無く、歩いて上るしか手段は無い(;´∀`A"



トイレ1

トイレ2
会社はというと、建物に入った途端にトイレの強烈な臭いが。入ってみると大便のほうにはドアが無い。当然小便も何も無い壁にするだけだ。何かに当たったらしく激しい下痢のため、止むを得ず数回は使用したが落ち着かない。仕方が無いので別の階のドア付きのだだっ広いトイレで用を足した・・・。



以下、大きな出来事のダイジェスト。エントリのカテゴリーは仕事にしたので、やっていた仕事自体については別途、新規エントリにしたい。


病院にて1

病院にて2

病院にて3
8/7
猛暑とエアコンによる冷やし過ぎで風邪をひいてしまった。38℃には届いていなかったが、フラフラする。一番近くに位置する無錫医院へ運んで貰い、点滴をした。点滴の注射よりも血液検査のために指先を切って血を採ったのが痛かった。が、血液検査で何か言われた事も無いので変な病気にはかかっていなかったという事だろう。それは良しとして素直に安心した。



病院にて4

傷跡(?)
8/10
昨日から寝違えで首と左肩を捻ってしまい、激痛で眠れず風邪が治らない。熱は下がったが元から喫煙者なので喉が痛む。この日、再び病院へ。針治療と強力に吸い出す竹筒を使用。内出血で紫色になったが痛みは和らいだ。偶然だが同じ日に会社の女性も同じ治療をしていた。

これらの治療を経て症状は早期に回復した。しかし、杭州に戻ってしばらくしたら痛みが再発した。杭州にも同じ治療をしてくれる病院もあるそうなので、しばらくして回復しなければ行ってみたい。それかマッサージ店にでも行ってみようと思う。私は優良なマッサージ店のチェーン店の会員でもあるので、その辺は安心できる。(怪しげな店も多いからね・・・)


自転車
8/12
無錫に着いた翌日に400元少々で購入した自転車が盗まれた。当たり前だが鍵を掛けておいたし、会社の社屋の前、敷地内で窓からも見える明るい場所だったのだが。会社のスタッフの電動自転車もバッテリだけが盗まれてしまったという。やはりここは思った以上に治安が悪いようだ。泥棒がどこにでも居ると考えて用心するべきだろう。自転車自体にどんなに頑丈なチェーンロックをしても盗まれて結局切除されてしまう。建物や柵等に自転車ごと括り付けるか、鍵の掛かる部屋に入れるのが一番安全なのだが、たまたまこの日は外に置いてしまったのが盗難の原因だった。


太湖1

太湖2

太湖3

太湖4

太湖5

太湖6

太湖7

太湖8

太湖9

太湖10

太湖11

太湖12

太湖13

太湖14

太湖15
8/12
中国でも有名な大きな湖、太湖へ。この日の気温は37℃、汗が滝のように流れ、デジカメは汗で濡れるほどだった。よく故障しなかったと思う。モーターボートに客席を6個付けた高速船で島へ。道教の寺などを巡って山の中へ。ほとんど登山、という感じで体の上から下まで汗でぐっしょりだった。太湖は植物プランクトンや藻が多く、水自体が緑色で独特の臭いを放っている。見た目には美しいが臭い・・・。


8/15
交代の日本人スタッフが来た。彼らは私よりも遥かに年上ではあるが、全く中国語がわからないので最低限、生活に必要な事(温水シャワー器、洗濯機の使い方、近隣の店等)を教えておいた。恒例の食事会をしホテルに一泊、翌日朝10時には無錫を出た。上記にあるように日本式のパブやスナック、日本料理店の並ぶ道を通り、中間地点である湖州を過ぎる頃には、睡眠不足もあって気付けば寝ていた。



まあ、よくも半月間ももったな、というのが正直な感想。後半は毎日ケンタッキー。途中からは慣れてしまい、注文もスムーズに。残念なのは日本食の店が、それほど滞在先マンションから遠くは無いという事実を知ったのが帰る日の事だった。そして、期待していたものの特に女性と知り合う事も無く、楽しい出来事も無かった。唯一、得たのは暇つぶしで観ていたTVで日本のアニメがどのように放映されていたのかを知った事。これは別の機会に特集としてエントリしたい。そして会社の人間(出張先の社員では無く、自社から派遣されたスタッフ)との交流が進んだ事。一生懸命、日本語の「あいう・・・」から発音練習や書き取りで勉強していて、彼らと仲良くなれた事だろうか。今度はもっと楽しくやれれば良いと思う。

実は、8/29から9/5までの一週間、再び行く事が決定していた。またこの辛い日々が始まるのかと思うと気が重いが、何とかして改善したい。

今日もケンタッキー

明日も(?)ケンタッキー

関連記事

コメント

非公開コメント