TOPモバイル・PC・玩具メッセンジャーで音声チャット


メッセンジャーで音声チャット
W-ZERO3のSkype

MSN MessengerSkypeQQはまだだけど大体のメッセンジャーソフトは入れてある。しかしボーっとたまに雑談に使う程度。そこで、より活用してみたいな、と考えてみました。
※ご注意!:QQのサイトは要中文環境、ポップアップウィンドウが複数開きます。

私とのやり取りですが、MSN Messengerはこのブログに貼り付けてあるメールアドレスで検索すれば見つかりますし、SkypeはMy Statusがサイドにありますので、それをクリックすればOKなはず。
(画像のSkype名は私の名字を中国語のピンインにした物です)

ホームページを持っていた頃はチャットのCGIを付けたりしてましたが、誰も来なかったりすれ違いになったり。気付けば伝言板としてしか機能してなかった。今は本当に便利になったものですねぇ。

これらのメッセンジャーは主に中国のマンションに居る時に使用していますが、会社でも使っています。ただ、仕事中で席を外して(隣の部屋だけどw)いる事も多いので退席中にしている事が多いです。それと気分が乗らない時にはオフライン、ログイン状態を隠してる時もあります('A`)<ダルイ
もしも「居そうだな?」と思ったら試しにメッセージや絵文字を送ってみると良いかも。

今回、下に追記として書きましたがヘッドセットを追加購入しましたので、W-ZERO3(ちょっと問題あるけど)を含めてどこででもチャットが出来るようになりました。

今後はテキストチャットだけでなくボイスチャットの機会も増やして仕事やプライベートにも、と考えています。仕事ではこれまで連絡や報告程度のテキストチャットだったのを会話で打ち合わせ、より綿密にしてみたい。ちょっと専門用語になっちゃうけど作打ち(作画の打ち合わせ)に出席出来ず、電話でやってた時期もあったけど、それの代用にもなるし電話料金も掛からない。会話の録音もちょっと工夫すれば電話機でやるよりも簡単にPCに残せるw


長くなりましたが、まあ私は寂しいだけなのかもw
追記にはこれらに関する物を書いておきました。

続き。

中国に持ってきたのは方耳に掛けるタイプの物。音楽を聴くには不向き。そして、いつも使っていたSONYのノイズキャンセリングヘッドホンのインナーを外出先で紛失したのを機に昨日、スーパーでヘッドセットを購入しました。ただのヘッドセットじゃなくて、音楽を聴くにも良い物は無いかなー?、って事で。

Philipsインナーイヤー式マイク付きステレオヘッドホンSHM3100その1

Philipsインナーイヤー式マイク付きステレオヘッドホンSHM3100その2

Philipsインナーイヤー式マイク付きステレオヘッドホンSHM3100その3


Philipsインナーイヤー式マイク付きステレオヘッドホンSHM3100(リンク先は中国のe800Shop、要中文表示環境)

お値段は118元(約1700円)、500円以下のもっと安い物もゴロゴロしてたのですが音質が想像出来るし、やはりメーカー製のほうが安心、という事でこれを選びました。パッケージには英語、韓国語、日本語で説明が書かれていました。マイクはまだ試していないのですが、手元にあったICレコーダ兼WMA/MP3プレーヤーであるOLYMPUS Voice-Trek V50で試したところ、値段の割には良い音で驚かされました。ケーブルの長さが2mなので携帯するには邪魔なのですが、部屋のPCに繋いでおく分には問題無いようです。


ヘッドセット
これまで使ってたモノ。現在は会社のPCに繋いでいます。両耳を塞がないという事で、ふいに仕事部屋に来るスタッフにも気付けるw

W-ZERO3ではMSN Messengerの替りにAgile Messengerを使用。もちろんSkypeも使用。とはいえ会社のPCが復旧したので出番は出張の時のみ。無線LANのアクセスポイントはあるから会社の廊下で使う事は出来ます。音声チャットはマイク付きの平型コネクタ+ヘッドホンを使用しています。デザインで気に入った巻き取り式のもあるけど、ちょっと音質が・・・


MSNメッセ

Skype

現在のコンタクトリスト。私は見事に隠れてますなw


W-ZERO3で使っているSkype画面

W-ZERO3での表示
キーボードを引き出して画面を横にすれば特に読み書きに問題はありません。


オマケ
今更ながらやってみたw
ツンデレ?

うはぁああw
関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |