TOP杭州日記雨続き・・・


雨続き・・・
前にも同じようなエントリがあるけど、気にしないw

もしかすると、来年あたりにマンションを引っ越すかもしれません。というのも、家賃が大幅に値上げされる可能性が高いのです。日本と違い、2年毎の更新では無く半年単位だそうで、外国人居住という事もあって値上げは避けられそうに無いのです。家賃が倍になる可能性もあって安心出来ません。

次は安くて狭い所になりそうですが、どの辺りになるのかは人事の手腕次第。電動自転車もあるし、会社から少しぐらい離れても構わないんだけど。でも、

エレベーター無し、6階・・・っていうのだけはやめてくれぇ!!!



今日、社長から聞いた話。
どうやら社内での既婚者は離婚確率が高いようで、深刻なケースも増えているよう。思え起こせば、2004年に入社した時から一体幾つのカップルが結婚したのだろう、、、と思う位にポコポコ結婚してます。当然、結婚式やら産休やらで休暇を取る人も多く、ただでさえ多忙で人手不足なこの仕事、結構な痛手ではあります。

さらに、結婚してしまうと”守り”に入る人も多く、”早く帰りたい”の一心で積極さを失い、くだらない程のイージー・ミスの連発、質の低下、学習意欲の低下も見られます。

それだけでは無く、最近では環境に慣れてきたためか新人達(10代後半~20歳前後)までも恋愛に夢中なご様子。あー、そんな所でコクるなよ、イチャつくなよぉw

お前ら、そんな事より、もっとやらなきゃならん事あるだろ!!!



・・・そう叫びたい位なんですが、かくいう私も人の事は言えない状態。仕事に影響は絶対に出さないけどねw

まあ、続きはまた追記にて。
例によって例の如く、鬱でアレなんで読みたい人だけどうぞ。
続き。




昨日、今年2月のバレンタインデーを最後に別れた彼女からメール(携帯電話のショートメッセージ)が来た。これまでも数ヶ月に一度、何度かメールが来たが、どれも私は素っ気無く返答していた。”二度と会わない”その決心から、そんな対応をしていた。彼女は突然私を想い出してメールしたという。

今日、別のルートから得た情報によると、以前、老板娘をしていた店を辞めて、新たに店を作ったという事だった。店を畳んだのかどうかまでは知らない。彼女の『 新しいガールフレンドは見つかった? 』の問い。未だにこの状況、当然『 まだ居ないよ 』と答えた・・・。

メールの4通目の最後の一行に、私を気遣う気持ちと、私に対して”すまなく思っている”心情が書かれてあった。

謝る位なら、、、あの時に謝って欲しかった、、、真実を全て話して。更に行動で示して欲しかった。我侭かもしれないけれど、そうしていたら今も彼女との関係は続いていたかもしれない。しかし、彼女の性格を見抜いてしまった私には諦めるしか方法が無かった。そして、それは今後も同じだろう。

推測するに、同年代の店員達が多くて管理が行き届かず、家賃等の負債もあり上手く行かなかったのだろう、売上も伸びなかったと思う。そこでパートナーであるもう一人の老板娘と共に新たな店を構えた。しかし、資金調達も困難で”一人でも多く客を呼び込みたい”という気持ちが出たのだと。かつて関係のあった私であろうと、この際、構わず誘おうと考えたのかもしれない。だが、彼女のメールには私を呼ぶ一文は無かった。彼女自身、自分のやっていた事を知っているから、私への仕打ちを知っているからこそ出来なかったのだと思う。

例え誘われたとしても、店で彼氏と共に居る彼女に会う事なんぞ出来ない。そして、かつてのように二人、肩を並べて寄り添う事すら出来ないだろう。月日も経ち、私の気持ちも彼女から離れている。この日の出来事で再びその記憶が呼び覚まされ、苦悩の中に居る。

もしも困っているのなら、私は手を差し伸べるべきなのか?
今更会うなんて、出来ないよね?
また同じ事の繰り返し、、、だろ?
・・・と。

届いたメール
保存しているメール
学習を兼ねて、こうして届いたメールはバックアップをしている(以前は全て携帯電話の画面を見ながら書き写していた)。別れたバレンタインデー前あたりから、一昨日までのやり取り。このような場で公開するのはプライバシーの侵害、非常識だと言われるかもしれないが、己の恥と承知で参考までに掲載した。中文のわかる人なら事の経緯が理解出来るだろう。しかしながら、皮肉にもこれらメールのやり取りは言語学習の場において高い効果はあったと言える・・・。






同じく昨日は日式カラオケパブで働く、あの子の誕生日だった(11/19、20の日記)。随分と連絡を取っていない。最後に会ったのは7/26だった。彼女は数度電話をしてきたが、私は出ずに半ば無視を決め込んでいた。だが、私はただのスケベオヤジや冷たい人間に成り下がるつもりは無い。一人の人間として、もしも彼女がまだ友人として(ただの、一客であったとしても)見てくれているのであれば、と思いメールした。

せめて誕生日くらい祝ってやれよ、俺
・・・そう自分に言い聞かせた。


彼女は今、自動車の教習所に通っているらしい。どの程度なのかはわからないが、出来るだけたくさん学習したいのだという。ふと、”日本語への熱意もその位あったら”、彼女が日本語学校へ行くのを止めたのを思い出し、何が彼女をその行動に移させたのかを考え込んでしまった。彼女は若くて素質があり、今後も日本語の能力が伸びるのがわかっているから尚更だ。両親、弟、姉妹も同じ街に居る、故郷は遥か遠い重慶。果たして、車の必要性があるのかを・・・。


何か偶然が重なる、そんな一日だった。彼女自身が私に対して目に見える行動を見せない限り、私はそのまま彼女の前からフェードアウトするつもりで居る。奇しくも別れた子と同じパターン、タイミングで彼女も自動車の免許を取得しようとしている。もしも私の勘が当たるのなら、やがて恋人が出来て店を辞めてしまいそうな気がする。これ以上の接触、詮索は避けるべきだ。

このまま交際し続ければ、彼女自身が余程真面目な心で無い限り(裏を返せば、それは有り得ず、無いのなら不健康か)、別の男性との交際が発覚してみたり、遠く離れた存在となり、私自身を深く失望させるだけだろう。


今度、時間があったら会いましょう
それに応える事は出来なかった。ただただ、彼女を励まして終了した・・・。






もう一人、別れの寂しさから誘った女性、元日本料理店の子とも上手く行ってはいない。告白も適当に聞き流されて以来、交流が思うように取れない日々が続いている。せいぜい、見かけた時に短時間の雑談をするだけだ。メールも無く誘いもしない、誘われもしない。彼女は「当然私達は友達」だと言っていたが、残念だが知り合い以上、友達以下でしか無い事を実感している・・・。

いっそ一生独りで居る方が、気楽なのかもしれない。こんなに悩むよりは、、ね。


このところの寒さ、雨続き、曇天、、、気分が凄く鬱になっている。2年前にも味わったが、あの時は彼女が居たからこそ乗り切れた。今の私には堪える。

この日記の文章も滅茶苦茶。仕事も今の私には役不足、毎日が通勤するだけの同じ事の繰り返し、ストレスだけが溜まっていき、食事も満足に摂れない。だが、私情を挟むわけにはいかない。ただひたすら気を抜かず頑張るしかない。

日本晴れ、あの青く澄み渡った空を見たい。ホームシックじゃないけれど、もしかしたら私は心のどこかで日本に戻りたいという気持ちがあるのかもしれない。覚悟は決めて出てきたはずなのに。


青空っていいよね



長文、失礼。誰か、私に楽しい話を下さい・・・。


関連記事

カテゴリ:杭州日記
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |