FC2ブログ

さようなら、は近いのか

さっき、飯ついでに社長と話をしてきた。
将来に関わる、ちょっと重い話。







決定では無いし、まだ決めかねているのだけど重い話なので追記にしました。

 
続き。



前回のエントリでも書いたけれど、ここ最近、この事でずっと悩んでいる。”会社を辞めて日本に帰る”、その事。


喫茶店で食事を摂りながら話を切り出したが、社長からは「本当は引き止めたいけれど、引き止める事は出来ない」というコメントを貰った。現在就いている仕事は本来、私の専門ではない。私の仕事はその上のセクションに相当し、他にも完璧とは言い難いがさらに上の仕事をしていた時もある。だから、”その才能を伸ばすのには今の仕事を続けていても仕方が無いだろう”、と。

誰が誉めようとも、自分自身は”才能は無い”、本当にそう思う。あったのなら中国に来る事も無かっただろう。そして致命的な事に手が遅い。ただ真面目に人がやらない細かな範疇までも我武者羅に突き進んできた。だから収入は低かった。ここで日本に帰れば、仕事こそ何とか取れるだろうが、収入は現在の1/3~1/4まで落ち込むだろう。恐らく家賃を支払い、食費に回すだけで精一杯となる。”人並み”に食えるようになるまでは何ヶ月、何年掛かるかはわからない。当然、家族は反対するだろう・・・。


”帰りたい”。その理由は前回書いたとおり。帰国してしまえば、ここで苦労した不便さから解放される。待っているのは”当たり前の快適な生活”。そして”未だ掴んでいない夢を実現したい”。だが、現実には仕事に追われ、自由を失う事になる。”見果てぬ夢を追うのか?”、それとも”安泰と金か?”、自分でもわからなくなっている。

そして、これまで中国で出逢った人々と別れるのは悲しい気持ちもある。帰国したら二度とこの国に来る事は無い。浮かれた恋愛どころか出逢いすらありえないかもしれない。どこにも出かけず机に向かう日々、仕事だけにその一生を費やす。”せめて観光で”、と願えど自力でこの国に飛ぶ事等、不可能だ。



1月中旬に帰国する。その時に家族会議を開き、決定したいと思う。
仕事を辞めて、日本に帰った時。その時にこのブログを閉じよう。思い留まったなら、続投するならば、今度こそ楽しい日記を書いて行きたい・・・。

関連記事

コメント

非公開コメント

うじゅらさん

俺応援してますぜ!!!!!ファイトッス!!!!

クゼさん、ありですm(__)m
このままストレスを感じないように努力すれば続行出来るものの、やはり創作活動を止めているままっていうのも「これで良いのか?>自分」と自問自答してます。

まあ、生活が掛かってくるので、真面目に考えます。

1月中旬に帰国する予定なので、また皆で飲みましょう!