TOP杭州日記こちらに来て感じた事・まとめ


こちらに来て感じた事・まとめ
後3ヶ月程で中国に暮らし始めてから3年目となります。ここでは、この3年間で体験してきた事の中から日本とは大きく違うと感じた等、思った事を書きたいと思います。少々毒舌あり、曲解もあるかと思います。現地の方が読んだら気分を悪くするかもしれないけど、これは素直に正直に感じた事です。



まあ、いつものように書くとダラダラ長くなるので追記に箇条書きにしました。また『日本でもあるよな?』という物は極力省きました。詳細な解説は省きますので質問等ありましたらコメント欄にお願いします。
 
続き。

■日常生活篇
・ゴミの分別は不要、出す時間帯も自由
当たり前だけどゴミ捨て場へ。放置すると中身を荒らされる可能性あり。ダンボール箱、ペットボトルはリサイクル対象で換金可。欲しがる人が多い。

・基本的に振込み
家賃、公共料金等振り込みが多く、手渡しはほとんど無い。私達のような外国人の場合、ケータイ電話はプリペイド。そろそろ切れる・・・。

・喫煙
禁煙の場所を除いて全てOK。ただし香港等都市部では煙たがる人が多く、禁煙化が進んできている。ポイ捨てが目立つが、タバコと同じ位にフライドチキンの骨もポイ捨てされているのを見かけるw

・ファッション
貧富の差もあるが、両極端。女性はスカートを履く人はわずかでほとんどがジーンズ。髪型は男子だと日本との差はあまり感じない。以前のような7:3分けはあまり見かけなくなり、長髪も多くなった。女子は長髪でポニーテールにしている人が圧倒的に多い。



■食事篇
・テーブルマナーはうるさくない
残す事は問題にならない。むしろ全部平らげると足りないと思われてしまう。食い散らかしたり音を立てるのは構わないが、箸にまつわる動作マナーは日本と同様なので注意。

・乾杯
こう言って乾杯した時は飲み干すのが正しいのかもしれないが、やる人は少ない。目上の人とグラスを当てる時には相手のグラスの下側へ。

・古い習慣は無くなった?
食事中、相手と話している時、口中に食物がある場合に店員がお茶を注いだり、何かしらのサービスをした時には、お礼として人差し指と中指でテーブルをトントンと軽く叩く習慣があったのだが、現在はほとんど見られない。

・犬は?
赤犬が未だに食用として健在。体が温まり、冷え性の人には効果抜群らしい・・・。

・ケンタッキー、マクドナルド等
味はあまり変わらない。+ご当地メニューがある。ピザハットは最近になって宅配を始めたが、それまでは店舗だけだった。今も長蛇の列が出来ている。



■仕事篇
・接客はまだまだ
接客態度は日本で思う程の丁寧さは無く、サービス業としての感覚は乏しい。客を邪魔者扱いしたり、深夜帯では無防備に眠り込むコンビニ店員をよく見かける。以前は釣銭を手渡しでは無くバラ撒き、商品は自分で袋に入れていた事を考えれば進歩はしているのだが。

・少しでも
ちょっと荷物(購入した物等)を運んで貰うだけで小銭を要求される。チップという習慣は無いがここは我慢して支払う。(一部の仕事でチップ制が増加中ではある)

以前は体重を量るだけの仕事をしている人を見かけたが、最近は見かけなくなった。靴磨きの人は健在。物乞いは増えているように感じる。

・まずお金
”今が貧しくても地道な努力で将来の成功を”よりも、”成功のためにはまず金が無ければならない”、という考え方が多い。仕事内容よりも賃金を優先する。が、しかし若者にとっては今を楽しみたい気持ちが強く、仕事の事よりも仕事が終わってから如何に楽しむかが重要らしい。それ故に日本人のような勤勉な態度は期待出来ない。

・女の子でも
若いうちに店長や管理職になる人が多い。日本との大きな違いだろう。

・責任は誰に?
問題があると誰かに押し付けようとする姿をよく見る。最後には喧嘩が始まる事も。



■交際篇
・バレンタインデーは日本と逆
男がプレゼントを渡す。バラの花束(出来るだけ多い物)とチョコレートだ。ちなみにホワイトデーに礼品を貰った経験は無い・・・(T^T)

・女性が強い
杭州だけだとは思えない。路上で喧嘩をしているカップルを目にする機会が多いのだが、大半は大声でまくし立てる女、何も言い返せないか一方的に責められている男の姿。暴力を振るわれているのも男のほうだ。どちらかと言えば経験上、女性の方が狡賢く計算高い。

・結婚
少々稼ぎの良い人なら20台前半で結婚する人がほとんどで、以前の日本と同じだろう。遅くとも30歳前には結婚を、と考える人が多いようだ。現在、離婚率も増加中。経験上、年齢差よりも収入や住む地域(互いの実家の距離)を重要視しているように感じる。国の違いは意外とそれほど問題にはしていないようだ。花火や爆竹をする習慣がある。



■交通篇
・複雑なバス網、安価なタクシー
白タクは減少傾向に。無錫では白タク・バイクが多い。バスは1元、エアコンがあると2元。昨年からタクシーはガソリン代として運賃+1元となった。現在、地下鉄は工事中で開通は数年後か?

・盗難に注意
重い電動自転車であろうと施錠してあっても簡単に盗まれる。それもあっという間の出来事だ。しかも周囲の人は目撃しても注意したり知らせてはくれない。



■ショッピング
・清算はレジだけとは限らない
希望の商品を指名し、売り場内の清算場所で支払い、商品を受け取る。さらにその領収書を出入り口のレジで確認して貰う方式を取る場所が多い。この支払いを済ませなければレジに商品を持っていく事が出来ない。しても没収となる。スーパー、デパートに多い。



■常識?非常識?篇
・マナーの悪さ
列に割り込む、並ばない、待つのを嫌がる(エレベータのボタン連打等)、信号を守らず信号の無い場所でも道路を次々と渡り始める、場所に関係無く唾、痰を吐く(男女問わず)、清算を済ます前に商品を開封し店内で食べ始める、大声をあげたり歌い始める、所構わず子供に小便をさせる、立ちションは珍しくない。

・トイレ
日本とは逆で大便の方はドアに頭を向ける。”きんかくし”は無い。西洋式が増えているので旅行者でも安心だが、肝心のドアが無い所は結構多い。長距離バスターミナル、駅のトイレはドア無しだ。ちなみに便器横にあるゴミ箱はトイレットペーパーを捨てる所。そのまま流すと紙質が悪いのか配管が細いのか、よく詰まるからだ。それと据付のペーパーはホテル以外だと無い所の方が多い。ポケットティッシュを携帯すべし。

・客よりも
サービス精神の問題だが、客よりも商品の陳列等を優先させたりする。中には男女関係のもつれで店内で大声で喧嘩を始める店員も。レジ清算時の間違い多し、要領収書確認。

・初期不良率
電気製品に限らず、欠品や破損が多い。購入時に確認すべし。中には中古や展示品を堂々と売りつけるケースも。

・歩行者よりも
自動車優先。右折車は信号が赤でも曲がって良い(専用信号のある場所を除く)。車列に割り込むなら”先に突っ込んだ方が勝ち”とまで言わんばかり。もしも轢かれたら轢かれたほうが悪い。しかし大半の場合大げさな芝居(?)をして被害者が高額な医療費を請求したりする。映画で観るようなタクシーが歩道に乗り込んでくる場面もある。なお、救急車は有料。自転車にライトの設置は義務付けられておらず、ほとんどが無灯火。逆に自動車はアップライト。まぶしくて堪らない。

運転が荒い順
バス>タクシー>一般車=トラック等

見ていて危険な順
歩行者>電動自転車>自転車

・食事中、要らない物は・・・
主に大衆食堂で見られる。食事中、口中の要らない物(小骨等)は食器と自分との間、テーブル上にぺっぺと吐き出している。時には山になっている事も。いくら美人でもこの行為を見てしまうと幻滅。ゲップもあり。灰皿が無い場合に自分の食べ終えた食器に灰や吸殻を捨てる行為も・・・。

・ハンカチが無い?
ハンカチを取り出して使えば、間違い無く日本人だとバレるだろう。それだけこちらの人はハンカチを使わない。トイレから出ても手を洗った後に拭かない。それを見越してか高級店とまでいかないにしても、ある程度の大きさの飲食店だとトイレに手拭いが置いてある。

・クリスマスと正月が一緒?
クリスマスの飾り付けを旧正月あたりまで外さない所をよく見かける。面倒なのか、クリスマスの短さを惜しんでの事なのか不明だ。なお、元旦はあるが日本のような趣は無い。

・年中花火
昨年の爆竹解禁から更に派手になった。怪我人続出、危険。日本人の花火に対する考え方とは全く違い、光や色では無く音の大きさが重要らしい。風流さは無くうるさいだけだ。これから旧正月あたりが危険。

・野次馬根性?
何かしらあると人だかりが出来る。事故や家事、人が困っていようと「大丈夫か?」と声をかける人は極少数。ただ人が集まってくるだけ。見て見ぬ振りをする日本とは違う。しかし、ニヤニヤしながらって人がいるのが腹が立つ。


■ホントに謎だと思う事
・口臭
男女問わず独特の口臭が気になる。もちろん人それぞれなので全部だとは言わない。しかし、そばに寄ると大半の人からは口臭が。食べ物が関係しているのかもしれない。

・体毛
処理している人はほとんどいない。モデルやらそういった職業の人は別だろうけど。夏場にバンザイをすると、女の子の腋毛が。産毛レベルの人が多いけど、ヒゲも目立ってみたり。

・軍事国家?
TVでは軍事専門チャンネルがある。司会者も軍服だ。海軍直属幼稚園とかのお遊戯もやっていたが、彼らは将来は軍人確定なのか?。・゚・(ノД`)・゚・。

・床屋?
理髪店。真面目にマッサージや洗髪してくれる店もあるが、深夜帯でも営業しているピンクの照明だったらほぼ間違い無く風俗。90年代に若い女の子が呼び込みをしていて不思議だった。通りの店全部がその手の店だったり。日々増加するエイズの温床か?
看板に堂々と書いてチラシやら撒いたり執拗に宣伝もしている日本も不思議な国なのだろうけど、子供の教育を考えるとどっちが良いのだろう?


以上、長々すみませんm(__)m
関連記事

カテゴリ:杭州日記
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |