FC2ブログ

EX-P505、マイクの事

FC2アクセス解析を眺めていて、EX-P505を検索していてたどり付かれた方が多いのに驚きました。新型が次々と発表されていく中、この機種の後継機種が出ないのが残念でなりません。また、どうせなら少しでも改善出来るなら、と考えておられる方が多いのでしょうね。私もそうでした。


・・・という事で、続きにて以前のエントリで書いていたマイクの左右分離パーツについて書いておきます。


他にも電気蚊取りラケットとか、意外と興味を持たれて検索されているんだと驚きました。この辺はまた近いうちにでも。タイムリーな事に先日、充電式のを買ったばかりなのですw

 
続き。

まずはあのエントリ以後のパーツ。
パーツのアップはEX-P505、カメラ本体と装着した状態はW-ZEERO[es]にて撮影。

その1
外観
何度か手荒に扱っていたので塗装が剥げました・・・。


その2
正面


その3
背面


その4
裏面
マジックテープの硬い側を接着しています。


その5
マジックテープ
100円ショップで買ったような記憶があります。


その6
本体がわには柔らかい方を。
接着ではなく、マジックテープ自体の接着糊のそのまま使っています。劣化が怖いかな?


その7
装着した様子
マジックテープの厚みで浮いています。


その8
使わない時にはレンズ脇に。
切れ端を利用して邪魔にならない場所へ付けられるようにしました。

効果としては、マジックテープの厚みのために若干浮いてしまっています。これでは効果は半減、といったところです。実際に撮影した物をヘッドホンで聴いてみましたが、付けていない状態とほとんど差がありませんでした。

一時期は両面テープで固定していましたが、テープの粘着部分に埃やゴミが付いてしまい剥がれやすくなってしまいました。しかも接着剤が残ってしまい、本体側に跡が残る始末。他にもゲルというかアクリルを使った粘着シートも使ってみましたが、こちらもゴミがついてしまい、粘着力が減っていきました。定期的に水洗いをしなくてはならず、風防のためのスポンジが濡れてしまう。ウェットティッシュを持ち歩くという手段もありましたが忘れる事も多く、実用的ではありませんでした。

・・・そんなわけでマジックテープの出番となったワケです。しかし前述のとおり、これでは効果が無いに等しく、何らかの方法を考えなくてはなりません。以下に今後やってみようと考えているラフ画を貼っておきます。

案

これで隙間を極力無くした上に、しっかり取り付けられそう。しかし、見栄えは悪くなるなあ。

関連記事

コメント

非公開コメント