FC2ブログ

ニュースは蚊を消しておべっかを使う(謎)

電気蚊取り


エントリ名は商品名をW-ZERO3[es]の翻訳ウォーカー j・北京V2で翻訳した物。かなり謎な翻訳結果だw

W-ZERO3[es]の翻訳ウォーカー j・北京V2での活用例や実際の使用レポートはいつかやりたいと思ってます。こちらも検索されている方が多いみたいだし。ただ、このエントリ名の翻訳結果を見てわかるとおり、所詮は機械翻訳なので期待し過ぎて買ってから後悔、というのも人によってありえますよ、っと・・・。

中文で商品名をそのまま書いても良いのですが、とりあえず英語表記では、
RECHARGEABLE ELECRONIC MOSQUITO BAT
リチャージブル・エレクトロニック・モスキート・バット
充電式電気蚊取り、そのまんまですね。

とりあえずアクセス解析で多いワードだった、この商品を写真で紹介!

続きにて。

 
続き。
長文になりがちなので、今回は簡潔にw

電気蚊取り その2
裏面。

電気蚊取り その3
照明スイッチ。

電気蚊取り その4
ONにすると光る。
蚊が寄って来る・・・かどうかは不明。


電気蚊取り その5
メイン電源スイッチ。

電気蚊取り その6
赤いボタンを押せば電流を流れる。
通電時にLEDが光ります。


電気蚊取り その7
コンセント。
とりあえず充電時間は掛かるが日本でも使用出来た。


電気蚊取り その8
製造会社名。

電気蚊取り その9
ネット。
表面は安全のため電気が流れていないっぽいんだけど、怖くて試せないw


電気蚊取り その10
パッケージ。

電気蚊取り その11
パッケージ裏。
どうでも良いが(?)、売り場のワゴンに開封してある物が多数。老夫婦が袋を開けて動作確認してた。勘弁してくれよ。それに店員も注意しろよ!!!


電気蚊取り その12
お値段は27元(約430円)。

データ:
充電時間は10~15時間。18時間を越えると充電池の寿命が短くなるらしい。使用可能時間は不明。威力はというと、蚊が触れると「バチッ!」っと火花が散る。1、2秒押しつづけると煙が出始め、「パンッ!」っと大きな音とともに蚊の体が胴体から真っ二つに分離して吹き飛ぶ程。残酷だ・・・(^o^;)

電池式は日本でも売られています。ただ、取り扱いには十分に注意してください。特に動物や小さなお子様がいる家庭ではね。



吊り下げ型電気蚊取り その1
こちらは吊り下げ式。

吊り下げ型電気蚊取り その2
高電圧、危険・。

吊り下げ型電気蚊取り その3
コンセントのみのタイプ。
しかし、一週間仕掛けて掛かったのは1匹だけだった。中心にある蛍光管の光量が圧倒的に足りない。床に置くよりも窓際の薄暗い場所が最適かな。お値段は忘れたけど、高くは無かったと記憶しています。

ちなみに蚊の嫌う高周波を出して、というタイプの物は見た事がありません。

関連記事

コメント

非公開コメント