FC2ブログ

EX-P505現在の様子

前回までのあらすじ

愛用のデジカメ、EX-P505。ムービーの録画時の音への不満からマイクカバーを自作。それを接着してしまうのは簡単だけれど、それではケース等に入らないし邪魔になる。中古として売れなくなるし。

そこで固定する方法を色々と試行錯誤していました。両面テープやマジックテープ。結局のところマジックテープで固定するのが一番早かったようです。

EX-P505、マイクの事

謎の工作はこれでした


という事で、現在の様子と実際に録画した物から音声を抽出した物を。
長めなので続きにて。

 
続き。

マイクカバー1

マイクカバー2

W-ZERO3[es]マクロ撮影。ACDSee 7.0の編集で露出、サイズ変更。
裏側が粘着剤タイプのマジックテープを本体に貼っています。カバーにはマジックテープを接着して外れないように。カバー裏にはボンドウルトラ多用途超強力接着剤を均一に塗り、二日間放置。ゴム状になって滑り止めと本体への密着感を強化しています。

以下、ムービーから音声を抽出、96KbitのMP3ファイルへ変換した物です。そのまま再生出来ない場合はファイルを保存してからお聴きください。

ノーマル状態

マイクカバーで左右に分けた物
いずれもスピーカー前に三脚で固定、ほぼ同じ条件で録画した。


波形

SoundEngineで表示させた物。スピーカーの音量が小さかったために、ほとんど見分けが付かない位に微々たる差しかないけれど、聴いて見るとわかる。


路上、マイクロバスが横切る画像
このムービーから音声を抽出した物が下のMP3ファイル。


路上、マイクロバスが横切る
※音量にご注意ください。大きめの音です。
比較対照となる物が無いので難しいのですが、ノーマル状態よりも音の拡がりや左右への移動がはっきりしています。


本来なら録画したムービーそのものを公開したいところなのですが、ブログにアップロード出来るファイルサイズやフォーマットに制限があり、静止画と音声のみの公開となりましたm(__)m


このカバーはまだまだ小型化や改善すべき点が多いです。これからも取り付けやすく見栄えの良い、効果がしっかり現れる物を作ってみたいですね。新型が次々と出ている中、まだまだ買い替えするつもりは無いので。

この二日間は夕立が多くて突然の雷雨。梅雨明けはいつなんだろう。

関連記事

コメント

非公開コメント