TOPモバイル・PC・玩具アドエス、今日まで使ってみての感想


アドエス、今日まで使ってみての感想
帰国時に運良く手に入れたAdvanced W-ZERO3/[es](以下、アドエスと略)。以前のW-ZERO3[es]と比べて良くなった点とそうでない点を書いてみました。あくまでも私の使い方と入れているアプリケーションによるものですし、個体差もあるので絶対では無いのですが。ここでは他のサイトやブログで取り上げていない事だけを。



長くなったので追記にて。
 
続き。

まずは私の使い方から書いておきます。特殊な例かもしれないので前置きとして。
■日常
・本体のカメラでスナップやメモ撮影
・翻訳ソフトを利用したコミュニケーション、ケータイSMS翻訳、入力補助、語学学習
・買い物時や出先でのメモ、待ち時間の暇つぶし

■仕事
・絵コンテ、設定等紙書類のPDFファイル化をした物の参照
・色指定された設定画の参照
・スケジュール管理、メール、各種メッセンジャーでの日本側スタッフとのやり取り

他にも細かい事を書けばキリが無いのですが、主なところは上の通り。

■良くなったと感じた点
★ソフトウェア
・アプリケーションの起動時間短縮
Operaの起動が速くなったと言われていますが、他のメモリを要するアプリでも同様。起動頻度の高い翻訳ウォーカー北京V3ではW-ZERO3[es]の半分程度かそれ以上に感じます。手持ちのストップウォッチではスタートメニューから選択した後、起動し文字入力が可能になるまで5、6秒でした。これなら相手を待たす事も無く、実用になりますね。

本体メモリの増加によって安定性が高いのも良いです。以前はほぼ毎日、頻繁にリセットしていました。

・カメラで保存した際のファイル名
これまでは本体に保存した後、リネームツールでminiSDカードに移動、日付時間でリネームするように設定していました。その手間が省けるのは嬉しいです。ツールで変更していた2007/という所がデフォルトで07/に変わってしまったため、フォルダを別にして管理しています。


■悪くなったと感じた点

・カメラ自体
ほとんどのサイトやブログで良くなったと書かれていて、私もぬか喜びをしていたのですが、何となく、そうでは無いと感じる点がちらほら。ソフトウェアとしては改善されている点は多いのですが。もちろん上で書いたように個体差、初期不良かもしれません。以下のとおり。

・全体的にフォーカスが甘い、焦点距離が短い(?)
特に縦画面で使用していると周囲のピントが甘く、ウチのだと左側がぼけた感じに。以前は遠景まである程度ハッキリしていたのですが、その距離が近くなった感じです。↓こんな感じ。
ades

単なる手ぶれの可能性もあるんですが・・・(^o^;)

・標準、風景等のシーンセレクトの効果が発揮されてないような気がする
・広角気味だったW-ZERO3、W-ZERO3[es]と比べると画角が狭いような(?)
・カメラのレンズユニットが左側にずれている(?)

es
[es]
ades
AD[es]

es
[es]
ades
AD[es]

W-ZERO3[es]を日本にいる弟に譲ってしまったので厳密な比較は出来ないのですが、これまで沢山撮り貯めた画像と見比べると上で書いたような点が気になります。何となく初代W-ZERO3と似たような画になってますね。もちろんブログで使う程度の目的なら問題無いのですが。ちなみにPocketの手ではエッジの数値を0から1へ、その後300、そして500まで上げてみたものの変化はありませんでした。


・画面回転ボタンが引っ込んでいる
タスク切り替えのソフトを割り当てていたんで、押しづらくなったのが残念。

ソフトキー廃止、長押しに変更された事については私は慣れてしまいました。焦った時には間違いますけど(^o^;)

とりあえず買えて良かったと思ってますが、上のようなほんの少しの不満点が気になるところです。が、しかし交換もこちらでは出来ないのでこのまま使用する事にします。

関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |