TOP杭州日記3分間待ってみる?


3分間待ってみる?
時間の都合、それと近場には喫茶店以外に美味しい店が無いので、どうしてもカップラーメンやパンが多くなってしまう。

そこで最近食べたカップラーメン二種類を紹介♪
1個は日本にもあるアレですw



ちょっと悲しくなるようなタイトルですみませんm(__)m

 
続き。
※全てアドエスにて撮影、50%縮小

悪魔ラーメンその1

悪魔ラーメンその2

悪魔ラーメンその3

1ヶ月前辺りから新発売になった物。
商品名を翻訳ウォーカーで翻訳すると・・・、

”悪魔ラーメン”


でした。
やはり日本人は悪魔なのか!?w
富士山の絵と日本風味と書かれているのが対称的。
発音はモーグゥイ・ラーミェン。

お味は、鶏ガラのこってり系醤油(?)ラーメン。まあ確かに現地のラーメンと比べてみれば日本のラーメンに近いけど、やはり違う。醤油ラーメンと書いたが記憶が定かでは無く、豚骨か味噌か微妙な感じで、憶えてないって事は味の印象が薄かったんだと思います。普通に美味しかったんですけどね。スープの色で想像してくだされorz

ちょっとだけ辛いけど、この程度の辛さは現地のラーメンには勝てなかったりw

気になるのは、このメーカー、確か日清かどこかと提携(?)して商品の開発製造をすると、以前どこかの記事で見たような。こんな過激な商品を出してて大丈夫なのかな?

それと、大半のメーカーは紙カップを採用しています。賞味期限とかは大丈夫だけど、たまに中の油の入った袋が破けていたり、粉末スープが湿気っていたりする・・・('A`)


続いて定番中の定番。最近はアニメに登場してみたり宇宙へも行ってみたり。中国にあっても何も不思議でもありませんが。


カップヌードルその1

カップヌードルその2

カップヌードルその3

カップヌードルその4

カップヌードルその5

かなり古くから中国でも売られていて、92年のシンセン、香港でも食べています。当時はこのカップの外側に紙パッケが被せられていて、日本とは違った印象でした。

見てわかると思いますが、カップの形状と素材が違っていて、薄くて熱湯を入れた状態じゃ持てません。そのため、上部にある出っ張った幾つもの板状の部分を持つようになってます。味は原味と書かれており、日本との差は感じませんでした。唯一、具が少しだけ違っていて、ガリガリのニンジンとネギが大量に入っている事ですかね。それと中国では当たり前となってる折りたたみフォークが入ってる事かな?


前回のエントリ関連。
ここについついコメントしちゃいました。氏も同じように感じられてたようです。少し嬉しかったり。しかし、腕のせいかも、、と書かれてしまうと辛い。かなり気張って撮らないといけない、となるとスナップには向かない、って事だと思いますし、メモ撮りするにも疲れそう。やはり[es]よりもシャープさは欠けていると思うし、それはハード側の問題だと思うんですが・・・。

夜景その1

夜景その2

夕方じゃなくて朝日の上がる前を撮ってみました。夜景モード、50%リサイズのみ。これだけ暗いところでも写ってるだけマシかも。日本と違い、蛍光灯よりも白熱灯のほうが多いから、どうしても赤っぽくなる・・・。



うはぁ!、このエントリ書いてる朝5:24、打ち上げ花火が近所で連発
慣れてるとはいえ、ビックリするよ。誰も苦情を出さないのかね?
この辺は外国人が多いんだから、少しは気を遣ってくれ・・・orz

関連記事

カテゴリ:杭州日記
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |