FC2ブログ

ちょ、ちょっと待てぃっ!!!(゚ロ゚)

マンションでの出来事・・・。

「別のユーザはOperaのこのコピーを動かしています。
あなたは、複数のユーザが独自に同じコピーを動かすのを許容するために個々のプロフィールがあるOperaをインストールするべきです。」

excite翻訳より。

その1

この物騒な出来事は昨日からだ。が、他にも奇怪に思える出来事がある・・・。


とりあえず、追記に。
※19:35追記

続き。

その2
このプログラムは何・・・?

その3
書き換えられたHostファイル
以前、アカウントハック事件から、ここには外部へのアクセスを禁じるためのアドレスを書いていた。それが全部、1159行も書き換えられていた
”127.0.0.1 localhost”の1行も消されている。


その4
謎のメッセージ

どうやらSkypeに感染するウィルスが知り合いのSkypeユーザーのプログラムに感染。ちょうど起床して間もない時間帯だったため、「何事か?」とリンクをクリックしてしまった。うっかりにも程がある(T_T)

ちなみに相手は英語を書けない。それに気付くべきだった・・・。


その後ウィルスバスターでの検査でウィルス検出は無かったが、スパイウェアが1件見つかっただけだ。だが、Skypeのチャットウィンドウがしばらくの間、慌ただしく内容が読めないほど高速に開閉を繰り返していた。間違いなく、感染、もしくはシステムファイルが破壊されていそうだ。


現在、Skypeはアンインストール、ウィルスバスターでの再検査、レジストリを含めたSkype関連の消去を行っている。


それにしても、Googleでも引っかからないファイルからの呼び出し。それとOperaの奇怪なエラーメッセージ。この数日、シャットダウンしたはずのPCが勝手に起動している。今回のSkypeでの騒動とは無関係だと思うが、これは非常に気持ちが悪い。ウィルスバスターも前回の感染騒ぎの事もあり、100%信頼出来るとは言えない。

「もしもこの部屋に侵入者がいるとしたら?」
・・・それはあり得ないと思うのだが、PCのログインパスワードは変更しておく・・・。


しばらく洗い出しを徹底してみるが、最悪の場合にはCD起動のUbuntuの世話になるかもしれない。

もしも上記の事で何かしらご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。また、間違い等ありましたらご指摘よろしくですm(__)m


19:35 私的メモも兼ねて追記。
「Skype for Windows」を介したワーム感染が確認される(internet.watch)
On the worm that affects Skype for Windows users(Skype)
W32.Pykspa.D(Symantec)

何故かリンクが張れない。OperaもIEもダメ。FC2ブログの旧管理画面で行けた。

関連記事

コメント

非公開コメント