FC2ブログ

病院へ。一人と一匹w

酷い腹痛と下痢、その後に風邪。体力が回復しないまま夜から早朝にかけての長時間勤務。とうとう皮膚にも影響が出てきました。胃が悪く、唇の横が切れてる。そしてアゴから耳の下、首に至るまでの無数の吹き出物のような発疹。所々カサブタになっているのに、痒くて掻きむしるために治らない・・・。

これはヒゲの毛穴にばい菌が入り、痒みと掻き壊した傷が酷くなってしまった物です。それで耐えきれず先ほど病院へ行ってきたところ。診断によると、やはり毛嚢(もうのう)炎でした。これはカミソリで髭を剃るようになってから、度々引き起こされていた物で慣れてはいるものの、今回は症状が酷く、帰国前であり仕事も多忙という事から無理にでも治療する必要を感じていたためです。

いつぞやのように、”帰国してすぐに風邪でダウン”とか、”帰国したら病院通いで休暇が終わった”というのは避けたいですからね(;^ω^)

診察が終わって、、、治療というか、一週間分のお薬二種類を貰っただけですが、これで良くなると思います。ちなみに全部で250元(約3255円)でした。意外と高い、というのが素直な感想。



・・・そして、珍しく通訳さんが同行しているんで、ついでだから、と猫を近所の動物病院へ。飼い始めた頃から気になっていたポチャポチャした下腹部のたるみ、しきりと後ろ足で耳を掻けば、出てくる多量の黒い耳垢

こちらは診察の結果、下腹部の膨らみはヘルニア。耳の垢が大量に出るのは耳の中にダニがいたのです。で、ヘルニアに関しては、すぐに手術をした方が良い、との事で病院に預けました。後4時間もすれば終わるらしいです。麻酔が危険な事もあり、どうせなら一度で済ませた方が良いというので避妊手術も同時にやって貰う事にしました。

動物病院の価格表
診察、施術費用表

今日一日で私と猫に掛かった1000元(約16000円)、痛い出費ですが仕方がありません。それよりも何よりも猫がどうか無事に戻ってきますように。そして早期に回復しますように・・・。



16:40追記。
猫を病院に迎えに行きました。痲酔からまだ醒めたばかりらしくヨロヨロと立つ事も出来ないみたい。おなかには大きく切開した痛々しい傷痕。今は会社の部屋の中、鳥のケージ(買ったその日にペットショップで貰った物)の中で首をフラフラさせています。出入り口は開けてあるけど、出るどころか立つ事も出来そうにないみたい。たまに低いうなり声をあげています。かなり、痛々しくて可哀想でたまらなくなる(´Д⊂ヽ

今朝、忙しくて気が立っている時にした悪さ。それに対しての厳しいお仕置き。その後間も無く病院行き、手術。私を恨んでいるだろうな・・・。

医者からは患部へのスプレー剤、耳の薬、患部を舐めないための襟巻き(?)を貰い、後4日間は通院し注射をする必要があるそうです。まだまだこの子にとって、辛い日々は続きそうです。この後、夜には痲酔も切れて痛みや吐き気等が襲うでしょうから。医者からは運動不足で肥満にもなっている事を告げられましたから、回復したら思いっきり、自由に遊ばせてあげるつもりです。

ともあれ、この数日は出来る限り会社にいて、この子の世話をしてあげます。しかし、困った事が一つ。治療費が大幅に超えてしまいました。1500元(約24000円)にも膨れあがってしまい、今の私の手持ちのお金では帰国までもたないようです。この後4日間の治療費は今回の支払いに含まれているため、負担は無いのですが、これはすぐに給料の前借り等、手を打たないと私が飢えてしまう危険性も・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント