TOPモバイル・PC・玩具なんか、いいぞw


なんか、いいぞw
アドエスその1

前回のエントリで作例を出していたSONYのワイコン。昨日は晴天だった事もあって条件が良く、またピントもカッチリ合ったために思いの外良い感じの画像が撮れました。ついでなので、以前撮った物やワイコン無しで撮った物との比較画像も載せてみました。その後急激に曇り始めて雷雨になったのはいつもの事ですが(;^ω^)


詳細、作例は広告の下、続きにて。

検査は自宅、結果はモバイルで! 誰にも知られず性病検査







┏━━━┓───【インターネットテレビ“branco(ブランコ)”】──────
┃CHECK!┃ ガンダムシリーズ好評配信中!
┗┻┻┫┃ 全て無料!!しかも高画質!!!     
☆.*:.┗┛ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C466U+FOEY9E+1N0G+64C3N





































続き。

上がノーマル、下がワイコンありの画像です。徹夜でフラフラ、汗だくで帰宅。ノーマル状態と同時には撮れませんでしたので出来るだけ近い物を並べています。
※ダウンロードしてご覧になる際には原寸で観られる事をオススメします。私の環境ではACDSeeで画像を全画面にフィットさせるとボケてしまい、差がわかりにくくなりました。

ノーマルその1
ワイコンその1

ノーマルその2
ワイコンその2

ノーマルその3

ワイコンその3

ノーマルその4
ワイコンその4

ノーマルその5
ワイコンその5

ノーマルその6
ワイコンその6


写りとしてはノーマルよりもカッチリしていてジャギが目立つほど。個体差なのか私のアドエスは縦画面の時には左上が、横にすると右側がボンヤリと溶け込んでいて、かなり眠たい画像でした。これなら以前使っていたW-ZERO3[es]の方が良かったと後悔してみたり。これはポケットの手でいくら調整しても納得行く物にならず、レスポンスや写りに悩み、結局VGAサイズでしか撮らなくなった程です。

もちろんワイコン装着による周囲の歪みや流れ、ボケも多少はありますが、それでもノーマル状態よりもしっかり写っています。これは以前愛用していたChe-ez! SPYZを彷彿とさせて懐かしくなりました。あれはRAW現像してみるとかなりシャープな画像が得られて、当時としては玩具デジカメといっても馬鹿に出来ない物でした。液晶ディスプレイ等無く、帰宅してPCに移すまでは、どんな画像が撮れているかわからずドキドキしたものです。発色はアドエスの方が良いわけですが、シャープな感じが似ています。

撮影時のコツはマクロ側へレバーをいっぱいに動かさず、中間点から微調整する事でした。

参考:
Che-ez! spyzの部屋
VGAデジカメの次世代スタンダード? 「Che-ez! SPYZ」

以下、撮った画像の数々。PCで観るとアラはありますがアドエス上で観ると高密度な液晶のおかげもあって、かなり良い感じです。

ワイコン装着スナップ、その1
ワイコン装着スナップ、その2
ワイコン装着スナップ、その3
ワイコン装着スナップ、その4
ワイコン装着スナップ、その5
ワイコン装着スナップ、その6


これからも用途によって撮影するサイズは変えるでしょうけれど、ブログ用はVGAで行きます。ワイコンの効果はちゃんとあった上にピントも調整次第ではきっちり合うのは嬉しいものです。これで全部撮っていたら飽きられてしまいますし、あまり意味が無いので使うべき時にのみ、という感じで使っていくつもりです。ノーマル状態、VGAでの撮影画像は悪くないですし。
関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |