TOPモバイル・PC・玩具SIP


SIP
Hybrid W-ZERO3で苦戦中。
色々とSIPを取っ替えたり、試行錯誤しています。
長いので続きに書きました。
続き。

いくつかSIPを色々と試用してみたけれど、どれもSIPの切り替えに時間が掛かってストレスが溜まる。自分の使い方が特殊なため(日本語←→中国語の切り替えを頻繁に行う)もあるんだけれども。翻訳ウォーカーのSIP自体も切り替えの足を引っ張っているのもあるか。結局の所、最初から入っている標準SIPに戻してしまった。小さいのは老眼には堪えるし押し間違いも頻繁に起きる。公開されているSIPがどれも操作性が一長一短なのは仕方がないにしても、切り替えで10秒前後も待たされるのは辛い。色々と試していくうちに本当にAdvanced W-ZERO3/[es]まではQWERTYキーボードの恩恵を受けていたのだなあ、と実感。GENIO e550を使っていた当時に赤外線接続のキーボードアダプタを使い、フルキーボード装備だったらと切望していたのを思い出した。単三電池入りの赤外線アダプタに香港で買った初代AMiTYの小さなキーボードを繋いでたっけ。

以前にも書いたけれど、D4で使っているMicrosoft Bluetooth Mobile keyboard 6000が認識してくれなかった事もあり(もしかしたらD4とのペアリングを解除すれば認識するのかも?)、ELECOM TK-FBP013WHを購入してしまった。これは9台と通信可能な上にHybrid W-ZERO3での動作が確実なのは以前から掴んでいた事なので。ただ、いくら小さいとはいえこれを常時持ち歩くわけにはいかない。電車やバスの中だとか立っては使えないし。だからこそSIPをなんとかしなきゃ、という堂々巡りだったりする。TK-FBP013WHを購入したもう一つの理由は前のエントリでMicroUSBに極小キーボードを接続して、と書いたものの充電しながらの接続が出来ない、抜き差しによるコネクタ破損が怖い、という事。愚痴になってしまうが既にウチのHybrid W-ZERO3のコネクタはグラ付きが酷く、充電出来なくなったら終わりだという怖さを感じてる。D4の充電コネクタ破損からこのメーカーへの信用度は下がってる。

ともあれもうしばらく試行錯誤は続きそうですなあ(´・ω・`)
関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |