TOPモバイル・PC・玩具ICONIA TAB-W500一段落


ICONIA TAB-W500一段落
ICONIA TAB-W500周辺機器

単体での操作では厳しい状況を改善する周辺機器も(流用、転用が多いが)揃った。そして、ほぼ必要なアプリは入れ終わった。

それでも物足りないと思う事もあったり、キリが無い。そんな事を続きに書いた。
続き。
計画していたWillcom D4でやっていた事のほとんどが出来るようになった。出来ないのは電話位なものか。SSDの残り容量は13.9GB。SDHC32GBのHDD化もしてあるので切実では無い。けれど「あれもこれも」と入れていけば圧迫するのも時間の問題ではあるし、データについてはLANでデストップPCを参照出来るので持ち歩かない限りはわざわざ本機にコピーしておく必要も無い。このエントリの下書きもTombo+Dropboxで同期してある。

具体的にやれるようにした事を”当たり前”以外の点を書くと、、、

・ワンセグ視聴、録画
・HYBRID W-ZERO3、モトローラの中国ケータイとの同期
・Link Theater、デスクトップ側ubuntuとの連携
・i-gotU(GT-600)での簡易GPSナビ&デジカメ画像のジオタグ付加
・中国語入力、翻訳環境
・画像ビューアと編集ソフトを使用した仕事での画像チェック
(本当はレタスを入れて動画&仕上げチェックにも使いたいのだが)
・スキャナーの使用

で、以前書いたROについては、”キーボードとマウスが無ければゲームにならない”というのがネックとなっていて、未だにアンインストールしたままになっている。インストール容量が約1.5GB必要になるというのも地味に痛い。わざわざ外で遊ぶ事も無いだろうし、よほど特殊な理由が無ければアパートのデスクトップで遊べる。マシンが塞がる事は滅多にない。確かにTVを観ている時には使えない(液晶ディスプレイがTV、PC兼用)とか、動作中はデスクトップのファンが唸りをあげて五月蠅い、というのはあるが、この小さなスレートPCで動いている、という感動が強かったのと、やはり玩具としてやれる事が制限されるのは物足りないのかもしれない。もちろんROに限らずゲームという物は仕事場で遊べるはずもないし、中国出張時でも遊べない(アクセス制限等)。例えるのが難しいが、ゲームなんかよりももっと直感的に動かせ、役立つ物を入れるべきではないのかな?、と。この場合は逆に制限の多い他OSを使った製品のほうがあきらめがつく上に、やりたい事が明確なのかもしれない。これが普通にPCなだけに何でもやれるというのが逆に悩ませてくれるなあ、と思った。

ちなみに私は職業柄、タブレットで作業している事が多いのではないかと思われがち。でも実際はそうでもなく、未だに紙と鉛筆。デジタルで色を着けるというのはゲーム業界にいた頃にはやっていたけれど。で、本機がそういうのに向いているかといえば、No。というよりも高価な液晶タブレット以外でモバイルに向けて作られた物のほとんどがそういう用途には向かないと思う。モバ絵とか、一時流行っていた事もあって趣味としては否定はしない。ただ、仕事に使うのであれば”使えない”物だと思うし、イラストで使いたいとかいうのであれば、スキャンして色着けなら可能だろうが、「まずは紙に描け、上手くなれないよ!!」、というのが本音だったりする。ツールやデバイスを使いこなせる事=画力がある(つく)、ではない。

ICONIA TAB-W500他携帯品
持ち歩くのは遠出でもしないかぎり、こんな物かな。
充電器は悩むところ。他にデジカメなんかもある。

関係ないが2ちゃんねるの本機のスレッドで私のFC2動画がリンクされていて驚いた(^o^;)
関連記事

カテゴリ:モバイル・PC・玩具
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |