TOPお仕事犬#1


犬#1
20130701_041818.jpg
朝焼け。DSC-TX300Vにて撮影。

ちょっと重い内容なので始まりを風景写真で誤魔化し。続きにて。
続き。

観た、というか放映前にも観ているのだけれど。当たり前ながら放映前の白箱と差は感じない。そして、ちょっと検索してみたら、既に良くない感想があちこちに。それは仕方がないかな、と思いつつも自分が担当した#3はもっと厳しい感想が出るだろうな、と今から気が重かったりする。

今から言い訳をするならば(汗)、脚本と絵コンテによるセンスの善し悪しは作画の立場では変えようがない。演出によってはそれをアレンジしてカバーも出来るが、担当演出には期待出来ず。作画で頑張ってみても「不自然にならない」画にするのが精一杯で、たんたんと進めるしかない。私の担当回である二話分(#2の事ではなく)はそれぞれとある大ベテランの原画マンの参加となり、本来ならば心強いはずの事だったのだが、残念ながら高齢のためか画にキレが無く設定に合わせる事以前に綺麗な線を描く事すら難しい。悪く言うならばヨレヨレの古臭い画になってしまう。それをレイアウト段階で可能な限り直しを試みるも原画の段階で劣化してしまう。そこで直すとほぼ全部直しとなってしまう。観ていて疑問符が出るようなカットがあったなら、そこは泣く泣く諦めた所だと思っていただいて構わない。

現在は#9の原画作画監督を終え、リテーク作業中。四つ足が主人公の段階で嫌な予感しか無かったのだが、やはりそうなってしまった。自分の力不足も実感し落ち込む。次は楽な楽しい仕事がしたいな・・・。

関連記事

カテゴリ:お仕事
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |